注目集める音楽マンション「ミュージション」とは?

前回は、入居者を引き寄せるために必要な「独自の魅力」について説明しました。今回は、その魅力について追求した音楽マンション「ミュージション」について見ていきます。

ニッチな需要を満たして周辺より高い家賃設定も可能

今、求められるのは、たくさんでなくてもいいから、必ず存在する一定の層の人々に対して、その心を確実にとらえて離さない魅力を持った商品です。そして、そんな尖った魅力を持つマンションとして筆者が提案するのが、音楽マンション『ミュージション』です。

 

ミュージション(MUSISION)という名前は、「ミュージック」と「マンション」を合わせたものです。その名のとおり、このマンションの特徴は、音楽を愛する人たちが周囲に気兼ねすることなく、室内で楽器演奏や歌、あるいは音楽作りを思い切り楽しめるということです。

 

ありそうでなかったこの「尖った魅力を持つ」マンションは、多くの音楽愛好家たちに選ばれ、賃貸需要の厳しい昨今においても、周辺相場より1.3倍も高い賃料を設定しても満室になるほどの人気を集めています。

 

2000年に建てられたミュージション川越は、完成から12年目になるにもかかわらず、賃料がまったく低下していません(むしろ一部では値上げしています)。そればかりか、近隣のマンションが礼金と敷金を次々とゼロにする中で、礼金と敷金を新築当時とほとんど変わらずにいただくことができています。これはミュージションの尖った魅力が受け入れられている証拠でしょう。

独自の魅力の追求で、人口減少の波に打ち勝つ

実は、ミュージションと似たような「楽器可」マンションは、以前から存在していました。しかし、そのほとんどは、非常に中途半端な性能で、ミュージションとは似て非なるものでした。重要なのは妥協しない性能によって、特定の人の心をつかむことなのです。中途半端な商品では、尖った魅力を発することは決してできません。

 

この連載の中で、人口減少社会を勝ち残るためには、普通のことをしていてはダメだと、繰り返し述べてきました。人口減少の波は、2050年に突然ガクッとやってくるのではありません。毎年、少しずつ、確実に日本の人口は減り、そのたびに賃貸マンションの空室は増え続けていくのです。

 

打つ手があるのなら、行動は早いほうがいいに決まっています。そして、どんな手を打つかと考えたとき、その有力な解決策のひとつが、音楽マンション・ミュージションにあると筆者は考えます。

本連載は、2011年2月28日刊行の書籍『近隣物件よりも高い賃料で長く儲ける満室賃貸革命』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載近隣物件よりも高い賃料で長く儲けるマンション経営術

株式会社リブラン 代表取締役

1967年、東京生まれ。株式会社大京にて分譲マンション事業用地の仕入を担当。その後、1992年、株式会社リブランへ入社し、2002年、同社代表取締役に就任する。マーケットシェアを奪い合う分譲マンション業界で、同業他社とは同じ土俵で勝負しない経営スタイルを堅持。24時間、音楽漬けを可能とするマンション「ミュージション」の分譲、賃貸事業を行い、新たなマーケットの創造を行う。

著者紹介

満室賃貸革命

満室賃貸革命

鈴木 雄二

幻冬舎メディアコンサルティング

今後50年余りで、日本の人口は約9000万人にまで減少すると予想されています。これは、現在の人口から約3割もの人がいなくなる計算です。そのような将来が予想される中、今でも賃貸マンションは次々と建ち続け、オーナーさんは…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!