高齢者の高額な自動車保険料を抑える方法

今回は、高齢者の高額な自動車保険料を抑える方法を見ていきます。※本連載では、CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)髙橋佳良子氏の著書『2択クイズでまるわかり! あとあとモメない「終活」はどっち?』(すばる舎)の中から一部を抜粋し、老後の生活設計と資産管理を中心に「お金終活」をどのように進めるべきか、その基本を解説します。

運転者や運転環境によって細かく条件を設定

自動車保険は、事故相手と自分の損害を補償してくれるもので、強制的に加入させられる「自賠責保険」と、自分で加入する「任意保険」で構成されています。

 

この自動車保険、最近では「リスク細分型」という仕組みが採用されており、運転者や運転環境によって細かく条件を設定し、事故率が低い人と高い人を振り分けて保険料を決めるのです。

 

テレビの自動車保険のコマーシャルで「お客様の年間走行距離は何キロくらいですか?」、「お客様はゴールド免許ですか?」などとオペレーターが質問している様子を観たことがあると思いますが、まさにあのような行程で保険料が決まるのです。

 

また、「家族限定」や「夫婦限定」の保険も、よくご存じだと思います。

 

運転者を家族や夫婦に限定することで保険料を安く抑えられるものです。運転免許を取ったばかりの18歳の子どもを運転者に加えたことで、保険料が急に増額してびっくりされる方もいます。

 

これは統計上、若者ほど事故率が高いため、若い運転者が加わると保険料が高くなる仕組みだからです。反対に運転者が年齢を重ねるほど、車もコンパクトになり、冷静で無理をしない運転になっていくので、ある時点までは保険料も下がっていきます。

高齢者のドライバーによる事故も増加傾向

では、年齢が上がれば上がるほど良いのかといえば、そんなことはありません。

 

一定の年齢を超えると、今度は一般に判断能力が落ち、距離感をつかむ能力や視力も衰え始め、運転に支障をきたすようになります。近年は高齢者のドライバーが増えており、加齢に伴う事故も増加傾向にあります。たとえば、高速道路の入口で立ち往生したり、道路を逆走したり、アクセルとブレーキを間違えて、急発進してしまったり、といった事故です。痛ましいことに、運転者よりもずっと若い人が犠牲になる死亡事故も増えています。

 

そこで、2011年4月から大手損害保険各社が年齢区分を細分化し、60歳以上の保険料を大幅に値上げしました。それまでは「35歳以上」と一括りだった区分を、「30歳以上40歳未満」、「40歳以上50歳未満」、「50歳以上60歳未満」、「60歳以上70歳未満」、「70歳以上」と10歳ごとに区切り、60歳未満に近づくほど保険料を安くし、それ以降は高額にしたのです。

 

このような背景から、高額になってしまった高齢者の自動車保険ですが、高くなってしまった保険料を抑えるために、できることがいくつかあります。

 

「車の使用目的」から通勤業務などを外し、レジャーなどに限定する

年間走行距離を減らして「距離区分」を下げる

事故時の損害額の一部を自己負担することにして保険料を抑える

自分が負傷、死亡した際の補償内容を下げて保険料を抑える

30歳以上の子どもがいれば、「記名被保険者」を子どもに変更する

複数の自動車保険を比較検討して、自分に合った保険会社を見つける

 

もっとも、こうして保険料を安く抑えたとしても、いつかは能力に限界が訪れます。車がないと買いものや移動に困ってしまう地域に住んでいる方も多いと思いますが、取り返しがつかないような事故が起きてからでは遅いのです。あらかじめ家族とよく相談して、何歳で免許を返納するか決めておくと良いでしょう。

本連載は、2017年3月刊行の書籍『2択クイズでまるわかり! あとあとモメない「終活」はどっち? 』から抜粋したものです。稀にその後の法律、税制改正等、最新の内容には一部対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「医療保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載老後の生活設計と資産管理のための「お金の終活」講座

株式会社ライフアンドマネークリニック
三世代充実生活研究所 CFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)

1965年生まれ。広島修道大学大学院人文科学研究科修士課程(社会学専攻)卒業後、1990年にFP資格を取得。お客様へのコンサルティングを通して、資金計画や保険の見直しだけではなく、人生プラン・終活・心の持ち方・人間関係の重要性を痛感し、2001年にライフアンドマネークリニックを設立。2007年には金融庁による、金融知識普及功績者表彰を受ける。2015年に三世代充実生活研究所を設立。終活に関して現場感を大切に、「第三者の目線」で消費者向け、事業者向けの講演・研修・コンサルティングを全国で行う。

株式会社ライフアンドマネークリニック

三世代充実生活研究所

著者紹介

2択クイズでまるわかり! あとあと モメない「終活」はどっち?

2択クイズでまるわかり! あとあと モメない「終活」はどっち?

髙橋 佳良子

すばる舎

終活の専門家がイチから伝授!家族が崩壊しないために今すぐ始められる人生のしまい方。老後資金、介護、相続etc…ポイント50。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧