「健康診断」に頼り切ってはいけない理由

前回は、高齢者が医療とどう付き合うべきかについて説明しました。今回は、「健康診断」に頼り切ってはいけない理由を見ていきます。

健康に対して神経質にならず、楽観的に捉える

健康に対し、過度に神経質にならないことも大事です。世のなかには、クラシックカーを愛する人がいます。今の車とはひと味違う、古き良き時代を感じさせるデザイン性にひかれているのでしょう。

 

クラシックカーは新車に比べ、故障率が高いのが普通です。何十年も使い続けられ、さまざまな部品が老朽化しているのですから、故障しやすいのは当たり前でしょう。しかし本物のクラシックカーマニアは、故障してもまったく気にならないようです。なかには、「故障するところもいとおしい」と感じている人すらいます。

 

みなさんも、自分の身体をクラシックカーと同じだと考えてみてはいかがでしょう。

 

「歳をとったのだから、身体のどこかにがたがくるのは当たり前。そんなに神経質にならず、だましだましやっていこう」と楽観的に捉えるのです。すると、肩の力が抜けて楽に生きられるはずです。

検診は2~3年に一度受ければ十分!?

ですから、検診を受けるペースも、今よりずっと落としていいと思います。これまでは毎年1度受けていた検診があれば、せいぜい2~3年に一度受ければ十分です。また、2~3年に1度検診を受けていた人は、5年に1度くらい受けるくらいでちょうどいいと思います。

 

検査を受けて不安な気持ちになるよりは、その時間を使って友達と話したり、散歩をして美しい風景を目にしたりした方が、ずっと幸せになれるはずです。検診の回数を減らすのは、どうしても不安だという人もいるでしょう。それなら、病院で体重・血圧を測り、検尿だけを受けてみましょう。

 

体重を量って増減をチェックすれば、現在の栄養状態は大体分かります。血圧を測ると、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが確認できます。そして、検尿をすれば糖尿病にかかっているかどうかが分かるのです。高齢者の場合、この3つをチェックすれば、大体の健康状態は把握できると考えていただいて結構です。

 

いくら頻繁に検診を受けても、病気が見つからないことだってあります。例えば、胃がんや子宮がんは見つけづらいがんの一つです。胃や子宮は他の臓器と比べて形が複雑なため、CTやMRI検査ではがん細胞と臓器をはっきりと見分けるのが難しいのです。

 

すい臓がんも、見つけづらい病気として知られています。すい臓は他の臓器に比べて小さく、胃の陰に隠れるような位置にあります。そのため、レントゲンなどでがんを見つけるのが難しいのです。また、中身が詰まっていて「胃カメラ」や「内視鏡」のようなものを入れて観察することもできないため、発見が遅れてしまいがちです。

 

検診を絶対視するのは危険です。いくら検診を受けても、見つからない病気は見つかりません。また、検診を受けすぎると、ストレスが原因で体調不良につながる恐れもありますし、レントゲンを頻繁に受けると被ばくをするリスクも高まります。

 

そこでお勧めしたいのが、「自分の身体が出す信号を、鋭敏にキャッチすること」です。

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2016年9月10日刊行の書籍『長寿大国日本と「下流老人」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

医療法人 八事の森 理事長

医療法人八事の森理事長(杉浦医院院長)。NPO法人ささしまサポートセンター理事長、NPO法人外国人医療センター理事、名古屋労災職業病研究会代表。1970年生まれ、1998年名古屋市立大学医学部卒。宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院で内科・小児科から救急、ホスピスでの緩和医療まで幅広く研修。2000年名古屋市立大学臨床研究医、名古屋市立東市民病院(現・名古屋市立東部医療センター)で外科医として勤務。2010年4月から杉浦医院の副院長、2011年1月より院長に就任。

著者紹介

連載老後破産を回避するために知っておきたい「60歳からの医療との付き合い方」

長寿大国日本と「下流老人」

長寿大国日本と「下流老人」

森 亮太

幻冬舎メディアコンサルティング

日本が超高齢社会に突入し、社会保障費の急膨張が問題になっている昨今、高齢者の中で医療を受けられない「医療難民」、貧窮する「下流老人」が増え続けていることがテレビや新聞、週刊誌などのメディアでしばしば取り上げられ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧