アメリカの不動産投資 具体的なエリアの選び方

前回は、海外不動産の投資先選びに役立つ「マクロ」からのアプローチについて解説しました。今回は、アメリカの不動産投資におけるエリアの選び方を見ていきます。

新興国の場合、首都から投資を始めるのが鉄則だが・・・

前回の続きです。

 

投資国が決まっても、どの都市に投資するのかが、次に問題になってきます。

 

新興国の場合は、首都から投資を始めるのが鉄則ですが、先進国、特にアメリカのような大国ではどうでしょうか。ひと口にアメリカに投資をすると言っても、ニューヨークとサンフランシスコではまったく環境が異なりますし、日本では知られていない街であっても投資対象として魅力的なエリアはたくさんあります。

 

 

日本の個人投資家が海外不動産投資をする場合、有名な都市やリゾート地を選択する傾向があります。例えば、アメリカならニューヨークやボストン、あるいはサンフランシスコといった誰もがよく知っている国際的な観光都市です。これらの都市は国内だけではなく国際的にも人気が高く、その分、物件が割高になっています。投資利回りも低く、投資価格も、最低でも数千万円となかなか手を出しにくいレベルになっています。数十億円単位の資産を持つ投資家であれば別ですが、1000万円前後から海外不動産運用を考える場合、そのようなエリアは除外して考えたほうがよいでしょう。

 

また、リゾート地として有名な風光明媚な場所も投資対象として人気です。ハワイのワイキキのような有名な場所は自分で物件を保有してみたいという人が多いのですが、こちらも投資対象をしっかり絞り込む必要があるでしょう。

約1億人の人口増加が見込まれるアメリカ

アメリカのような先進国における投資エリアの選択は、有名かどうかや、自分が住んでみたいかどうかで決めるのではなく、自分が取りうるリスクを考えながら、その中で最も高いリターンが期待できるエリアを選択すべきです。

 

●人口が増えるエリア

 

●賃金の上昇が期待できるホワイトカラー向けの仕事が集まっているエリア

 

●賃貸物件の需給が逼迫して、空室率が低く、利回りが比較的高いエリア

 

これらのエリアを狙っていくのがセオリーです。

 

 

例えば、アメリカ全体の人口は2050年にかけてこれから約1億人増えると予想されていますが、人口増加率は州によって異なります。一般に北東部よりも、サンベルトと呼ばれる南部の州のほうが人口増加率が高い傾向があるのです。具体的には、アリゾナ、テキサス、ジョージアといった地域になります。それらの州の中で、IT系の企業の進出によってホワイトカラーの高所得者層の雇用が拡大しているエリアであれば、賃貸マーケットにもポジティブな影響が期待できます。

 

私もこのような条件を満たすエリアを選んで投資しています。

 

アメリカの場合、州によって経済環境がかなり異なり、産業構造にも違いがあることから、まずは州単位でどのエリアにするのかを絞り込んでいくことが重要です。

本連載は、2014年4月25日刊行の書籍『究極の海外不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、出版社、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載海外不動産投資を活用した資産形成&資産防衛のススメ

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役

1986年、東京大学経済学部卒。MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒(MBA)。1999年に株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)の立ち上げに参加。2013年に株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長に就任。自らも投資家として活動する一方、資産運用に関する講演、セミナー、執筆活動など多方面で活躍する。また、一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事として、資産運用の重要性を広めるべく、人材育成にも力を入れている。主な著書に、シリーズ累計12万部を超える『〔第3版〕内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)の他、『内藤忍 お金の話をしませんか?』(日経BP社)、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)などがある。
1996年から続く、公式個人ブログ「Shinoby’s World」は、毎日更新。毎週金曜日には「資産デザイン研究所メール」(無料)で、資産運用に関する最新情報を配信中。

著者紹介

究極の海外不動産投資

究極の海外不動産投資

内藤 忍+GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

海外不動産投資の最大の魅力は、海外の国や地域が持つ「成長力」に投資できること。とはいえ、やみくもに投資を行っても利益は得られません。目的に合った投資先に、適切な方法で投資することこそが「究極の海外不動産投資」な…

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

内藤 忍

幻冬舎メディアコンサルティング

今や、不動産投資において日本国内と海外の垣根はなくなりつつあります。 身近でわかりやすく、土地勘のある国内不動産。 成長性の高いエリアならば高収益が見込める海外不動産。 各投資商品の違いを比較することで、メリッ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧