多くの日本人が抱えている「日本リスク」とは?

前回は、日本人が今、海外不動産投資を考えるべき理由を解説しました。今回は、多くの日本人が抱えている「日本リスク」について改めて考えていきます。

仕事、住居、教育のすべてが日本で完結・・・

大多数の日本人は、金融資産の多くを日本円で保有しているだけではなく、日本の企業で働き、日本円で収入を得て、日本でマイホームを購入し、子どもには日本の教育を受けさせています。


このようにお金だけではなく、ライフスタイルすべてが日本という国に集中している状態を、私は「日本リスク」と呼んでいます。しかし、この日本リスクは2011年に東日本大震災が起こるまで、日本人の多くには認識されていませんでした。なぜなら、日本に集中させることによるデメリットよりもメリットのほうが大きかったからです。


バブル崩壊後の1990年代からの約20年間は、円高、株安、デフレの3点セットが続きました。このような環境下では、今でも多くの日本人が行っているような円の預貯金による資産運用が最もよい結果をもたらしていました。資産だけではなく、仕事、住居、教育など、すべてを日本でという生活が、多くの日本人にとって当たり前だったのです。


しかし、このような日本に集中するライフスタイルには問題があることに、多くの人が気付きはじめました。仕事に関しても日本企業はグローバル競争に入り、海外展開を進める企業が増えてきました。

 

[PR] 出版記念セミナー 東京(幻冬舎)で開催!
内藤忍の「日本×世界で富を築くグローバル不動産投資」

 

また、外国人を採用する企業も増え、社内競争は日本人同士だけのものではなくなっています。賃金は上がらず、雇用を失うリスクも高まっています。日本企業で長年勤務している人の中には、仕事のスキルが陳腐化している人も多く、転職できないリスクも高まっています。

日本の大学教育も世界的には価値の低いものに!?

マイホームもリスク要因のひとつです。日本の地価は全体として低下傾向ですし、住宅ローンの返済も変動金利で借り入れしていれば金利上昇によって、将来の返済額が高まる可能性があります。また、給与の引き下げやリストラによって長期の住宅ローンが返済できなくなるリスクもあります。


日本の教育も、子育てをしている人にとっては、これからリスクとして認識されてくるでしょう。グローバル化が進む中、国内の大学は少子化によって学生を集められない学校が増え、優秀な学生は海外に行ってしまうという問題も出てきています。世界における日本の大学ランキングを見ると、東京大学でさえ23位にすぎず、他に100位以内に入っているのは京都大学(52位)しかありません。

 

[PR] 出版記念セミナー 東京(幻冬舎)で開催!
内藤忍の「日本×世界で富を築くグローバル不動産投資」

 

[図表]世界の大学ランキング(2013年)

Times Higher Education 世界大学ランキング2013をもとに作成
Times Higher Education 世界大学ランキング2013をもとに作成


つまり、世界的に見れば、日本の大学で教育を受ける価値はあまりないということです。日本の学歴社会が崩壊すれば、日本の教育システムそのものが、大きなリスクになってくると言えるのです。このような「日本リスク」から自身を守っていくためには、日本にコミットしている現状をグローバルに分散していくことが重要です。


しかし、分散しようとしても難しいものもあります。例えば、仕事を日本から切り離そうとしても、外資系企業に転職したり、海外に出て行ってそこで転職したりするのは簡単ではありません。マイホームも仕事の制約や家族の問題がありますし、売却も簡単にはできません。子どもの教育にしても、日本の学校からいきなり、海外のインターナショナルスクールに行かせることができるのは、限られた人だけになるでしょう。


さまざまな日本リスクの中で、すぐにできるのが金融資産の分散です。ですから金融資産の一部を外貨資産に振り向けていくのが大切なのです。

本連載は、2014年4月25日刊行の書籍『究極の海外不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、出版社、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載海外不動産投資を活用した資産形成&資産防衛のススメ

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役

1986年、東京大学経済学部卒。MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒(MBA)。1999年に株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)の立ち上げに参加。2013年に株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長に就任。自らも投資家として活動する一方、資産運用に関する講演、セミナー、執筆活動など多方面で活躍する。また、一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事として、資産運用の重要性を広めるべく、人材育成にも力を入れている。主な著書に、シリーズ累計12万部を超える『〔第3版〕内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)の他、『内藤忍 お金の話をしませんか?』(日経BP社)、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)などがある。
1996年から続く、公式個人ブログ「Shinoby’s World」は、毎日更新。毎週金曜日には「資産デザイン研究所メール」(無料)で、資産運用に関する最新情報を配信中。

著者紹介

究極の海外不動産投資

究極の海外不動産投資

内藤 忍+GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

海外不動産投資の最大の魅力は、海外の国や地域が持つ「成長力」に投資できること。とはいえ、やみくもに投資を行っても利益は得られません。目的に合った投資先に、適切な方法で投資することこそが「究極の海外不動産投資」な…

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

内藤 忍

幻冬舎メディアコンサルティング

今や、不動産投資において日本国内と海外の垣根はなくなりつつあります。 身近でわかりやすく、土地勘のある国内不動産。 成長性の高いエリアならば高収益が見込める海外不動産。 各投資商品の違いを比較することで、メリッ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!