チャールズ・ブースが分析した居住層と「特定の小売業」の関係

前回は、「社会地図」の歴史から19世紀後半ロンドンの貧困について見ていきました。今回は、チャールズ・ブースが分析した「居住層」と「特定の小売業」の関係について解説します。

収入の「手段と質」を分析していくと…

貧困を定義するにあたってチャールズ・ブースはロンドン市の人口統計から就労の有無、就労形態の40分類と学齢期に達した子供のいる家庭のヒアリング調査を基に居住者のタイプを8グループに分類した。

 

収入の手段と質は生活に大きく影響する。不安定な収入の日雇い、不定期就労者かそれとも正社員としての安定した収入か、自営業者で比較的自由に使えるキャッシュを持っているか、資産を持ち不労所得が手に入るのか。

 

次の分類はチャールズ・ブースの調査によって定義され再集計された結果をわかりやすくするため著者が5グループに集約したものである。「最下層」から「貧困者」までを合計すると30.7%となり、社会民主連盟の25%より貧困層が多いという結果が示されている。

 

最下層 不規則な日雇い労働者・浮浪者・準犯罪者の最下層  0.9%

極貧者 臨時日雇い労働者の極貧層             7.5%

貧困者 不規則な収入もしくは少額賃金の貧困労働者層   22.3%

労働者階級 規則的に雇用され公正な賃金の労働者階級   51.5%

中産階級 下層以上の中産階級              17.8%

雑貨商の58%が、33%の貧困地区に集中

彼の研究では居住者と産業の関係についても言及している。この報告書によれば、ロンドンにある雑貨商の58%が33%の貧困地区に集中していることを指摘している。居住者と小売業の関係。居住者の質が特定の小売業が成立する条件となることを統計的に明らかにした。

 

もしロンドン中にまんべんなく雑貨商が分布しているのであれば33%の貧困地区においても、33%の雑貨商が分布しているはずである。ところが58%というのは偶然だけでは説明できない集積度である。周辺の居住者の質が特定の小売業を成立させることを実証した研究となった(『東京の社会地図』倉沢進編、東京大学出版会、1986)。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ジオマーケティング戦略 ポスト「マス」時代の消費者分析

ジオマーケティング株式会社 代表取締役
技術士(環境部門)・測量士

1965年生まれ。ジオマーケティング株式会社代表取締役。日本大学文理学部地理学科卒業。技術士(環境部門)・測量士。
専門は地域分析。都市・環境・防災計画のための基礎調査をする会社を設立し、キャリアをスタート。その後大手ベンチャーキャピタルより出資を受け、携帯電話向けナビゲーションシステムを開発。2004年に、英国のコンサルティングファームGMAP の上席コンサルタントとしてアジア太平洋地域の小売り立地分析、売り上げ予測業務に従事。2011年には日本GMAP代表取締役。2015年に日本GMAP の国内部門をMBOし、ジオマーケティング株式会社を設立。現在に至る。

著者紹介

ジオマーケティング戦略 ポスト「マス」時代の消費者分析

ジオマーケティング戦略 ポスト「マス」時代の消費者分析

酒井 嘉昭

幻冬舎メディアコンサルティング

「ところ変われば、(売れる)品も変わる」――。現代において「流行」とは、企業がつくり出すものではない。様々な情報へ日常的に触れる消費者に「選ばれて」初めて、流行の商品・サービスとして流通する。ビッグデータ全盛の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧