生命保険 法人保険 節税
連載会社に財を「残す」ための経費化のテクニック【第6回】

法人契約の生命保険で会社の利益を「プール」する方法とは?

全額損金逓増定期保険定期保険長期定期保険

法人契約の生命保険で会社の利益を「プール」する方法とは?

前回は、オーナー経営者の生命保険活用法として一つ目の考え方を説明しました。今回は、二つ目の「利益の繰り延べ」について見ていきます。

支払った保険料の一部を経費にして利益を圧縮

前回の続きです。オーナー経営者の生命保険の活用方法として、二つ目の、利益の繰り延べについて解説します。生命保険を活用すれば、会社の利益を保険という形でプールすることが可能です。その利益を将来、経営が悪化したときや大きな設備投資が必要になったときなどに活用できます。では、なぜ利益の繰り延べができるのでしょうか。

 

会社の利益は、そのまま現金で残してしまうと、その分、法人税が課されます。しかし、利益から保険料を支払えば、経費にすることができます。支払った保険料を全額経費にできるわけではありませんが、一部を経費にできるだけでも利益圧縮効果は得られます。

 

利益で車などを買ってしまえば、その資金は手元からなくなってしまいますが、保険料として支払った資金はなくなりません。将来の将来、満期保険金や解約返戻金という形で保険会社にプールされているのです。たとえば、逓増定期保険や定期保険、長期定期保険などに加入すれば、一定割合を経費にできるので利益の繰り延べ効果が得られます。しかし、どの保険に加入してもよいわけではありません。

解約返戻金に見合う「資金の使い道」を決めておく

逓増定期保険は、死亡保障額が徐々に増加していく定期保険です。将来の死亡保障額が大きくなりますが、保険料は毎年一定の金額です。従って、最初のうちに支払っている保険料の中から保険会社はより多くの資金をプールしておけます。中途解約した場合には、この資金が解約返戻金として返ってくるのです。

 

ですから、逓増定期保険は他の保険に比べて解約返戻金が貯まりやすいという特徴があります。しかし、返戻率のピークは5年から20年程度が多いので、30年、40年という長期の利益繰り延べには利用できません(ただし、2分の1損金型逓増定期保険の場合)。また、解約返戻金は受け取る時期によって金額が大きく異なります。よって、加入時にいつ解約をするか、綿密に計画を立てておく必要があります。

 

解約返戻金を受け取った年に、その資金を使う予定がなければ、法人税の対象となってしまいます。役員退職金や設備投資など、解約返戻金に見合う額の資金の使い道を決めておく必要があるのです。

条件次第では保険料を全額経費にできる定期保険

定期保険は、支払った保険料を全額経費にできるのがメリットです。しかし、全額経費算入が認められている定期保険は、①満期が70歳以下、または②105から加入年齢を引いて2で割った年数以内を保障期間とする定期保険、と限定されています。となると、年齢が65歳くらいになってから解約返戻金を受け取って役員退職金に使うとしても、解約返戻金がほとんどないという問題が発生してきます。

 

設備投資が必要になることがわかっていれば、利用価値があるかもしれませんが、退職金としては利用しにくいのが実情です。

 

一般的に、保障期間が95歳から100歳まで続く定期保険は長期定期保険と呼ばれます。この場合は、経費算入できるのは支払った保険料の2分の1になります。満期が長いので、オーナー経営者の退職金としても十分に活用できます。

 

長期定期保険の場合は、解約返戻金率のピークが緩やかに長く続くことが多いので、資金需要の時期にある程度の柔軟性が持たせられるのもメリットです。オーナー経営者が健康上の問題から加入できない場合でも、利益の繰り延べと割り切れば、若い役員に加入させておくのも一つの方法で、返戻率も良くなる可能性が高くなります。

本連載は、2015年9月2日刊行の書籍『財を「残す」技術』 から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

齋藤 伸市

株式会社東京会計パートナーズ 代表取締役

1960年東京都生まれ。大手損害保険会社を経て、1999年に生命保険を活用してオーナー企業の事業承継を支援するコンサルティング会社、ヒューマンネットワーク株式会社を設立、代表取締役に就任。2013年にはグループ会社として、オーナー個人の税務戦略に特化したコンサルティングを行う、株式会社東京会計パートナーズを設立、代表取締役に就任。1600人を超えるオーナー経営者や医療法人理事長を顧客とし、総合的な資産防衛のアドバイスを行っている。

著者紹介

連載会社に財を「残す」ための経費化のテクニック

財を「残す」技術

財を「残す」技術

齋藤 伸市

幻冬舎メディアコンサルティング

成功したオーナー経営者も、いずれは引退を考えなければいけない。そのときに課題になるのが、事業とお金をいかに残し、時代に受け継ぐかである。 保険代理店業を主軸として、オーナー社長の資産防衛と事業承継をコンサルティ…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest