固定資産税の税制を変えた、納税者による運動「平6事件」とは?

今回は、固定資産税の税制に対し、納税者が起こした「平6事件」について紹介します。※本連載は、瑞宝興業株式会社の代表取締役社長で、固定資産税アドバイザーとしても活躍する稲垣俊勝氏の著書、『マンガでわかる「固定資産税破産!!」』(合同フォレスト)の中から一部を抜粋し、固定資産税の仕組みに隠された問題点を暴きます。

納税者が直接都庁へと押しかけ、税制に異議を唱えた

1994年(平成6年)、バブル崩壊後の固定資産税の異常事態に、多くの納税者が黙っていられなくなり、行動を起こしました。

 

東京では、固定資産税の評価額の引き下げを求めて多くの納税者が集まり、都税事務所ではなく直接都庁へと押しかけて、固定資産税の税制に対して異議を唱えたのです。

 

この動きにマスコミが関心を寄せ、さまざまなニュース媒体で報じると、固定資産税に対する陳情は全国各地で見られるようになりました。その結果、全国で提出された不服審査申し出の件数は2万件以上に達し、訴訟が提起されたものだけでも200件近い数になりました。

 

この固定資産税の税制に対する全国的運動が「平6事件」と呼ばれたものです。

 

これらの動きもあって、1996年には固定資産評価基準の一部改正により、固定資産税評価額は公示価格の7割を目途にするということが通達によって決定されました。これが「7割評価」です。

 

さらに、1997年の評価替えでは、今まで一般には見えていなかった固定資産税の算定基準となる「路線価」が全面的に公開されることになりました。

リーマンショック後、再び始まった固定資産税の暴走

これらのことをきっかけとして、その後の固定資産税の税制は大きく変わっていくことになります。そして、路線価が公開されたことで固定資産税の正体自体も少しずつ納税者の目に見えてきました。

 

こうした動きの最中に世界はリーマンショックに襲われ、固定資産税の暴走は再び始まってしまったのです。これを機に、納税者の怒りは頂点に達しました。

 

私自身も、このまま固定資産税の暴走を許しておいては納税者がどのような犠牲を強いられるかわからなくなるという思いを抱き、もう自分で積極的に行動していくしかないという判断に至りました。

「税金」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続税対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載相次ぐ評価ミス、過大徴収・・・問題だらけの「固定資産税」

固定資産税アドバイザー
瑞宝興業株式会社 代表取締役社長
全国資産保全支援ネットワーク 会長 

昭和18(1943)年、東京・渋谷生まれ。東京生まれ東京育ちの生粋の東京人。大学卒業後、地元渋谷を拠点にして祖父の代の大正12年から続く不動産賃貸業一筋に48年。不動産の現場から税制を見続け、東京の将来を憂い、有志とともに平成6(1994)年、「ふるさと東京を守る会」を結成。
固定資産税の理不尽さを訴える取り組みが、平成6年7月4日号の朝日新聞社発行、週刊誌「AERA」で特集として紹介される。また同年10月20日のNHKテレビ「列島ドキュメント-ふるさと東京に暮らしたい」で取材を受け、全国放送される。いずれも活動の中心人物として紹介された。
仲間たちからは「トミー・イナガキ」の愛称で呼ばれ親しまれている。趣味の面白ネクタイコレクションは1000本を超える。今はオリジナルネクタイづくりにハマっている。365日カラフルなスーツを着て、「世の中を明るくするぞ!」をモットーに行動をしている。
現在、講演会や勉強会などの広報活動を通して、税制改革を広く訴えている。

著者紹介

マンガでわかる 「固定資産税破産!!」

マンガでわかる 「固定資産税破産!!」

稲垣 俊勝

合同フォレスト

理不尽な固定資産税から身を守れ! 2020年東京五輪開催、固定資産税が再び暴れ出す!? あまりに複雑な仕組み、全国で多発する評価ミスと過大徴収。一体課税者は何をしているのか、納税者はどうすればいいのか・・・固定資産税を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧