先進国で人気の商品・サービスが新興国でも同額で売れる理由

前回は、ヨーロッパ進出の事例に見る「ブランドイメージ」の高め方について紹介しました。今回は、先進国で人気の商品・サービスが新興国でも同額で売れる理由について見ていきます。

経済格差がある新興国で富裕層を狙う

先進国なら、日本からの輸出品でも、日本と同じ価格、もしくは輸送費や諸経費をプラスした価格で売ることができます。

 

では、新興国ではどうなっているのでしょうか。

 

結論を先にいえば、日本より物価水準の低い新興国であっても、日本とほぼ同じ価格で売れるものがあります。

 

実際、原価があって、輸出にさまざまなコストがかかっている以上、現地の物価に合わせた値下げなど、そうそうできるものではありません。たとえ価格が日本と同じであっても、確実に売れるものを海外に持っていくしかないのです。

 

新興国は物価が安いといっても、それは農産物や手工業品などがほとんどで、外国からの輸入品はいずれも高額で売られています。

 

誰がそれを買うのかといえば、全国民から見れば少数派の、富裕層や中間層です。新興国は平均物価や平均所得が低いとはいえ、国民の中にも格差があります。

 

日本企業が海外進出する際に、主にお客さまとなるのは、現地企業であったり富裕層であったりするので、平均物価や平均所得ばかりに注目していると本質を見失うことになります。

日本の「ビッグマック指数」は新興国と同じ!?

そもそも、日本の物価というものは、日本経済が好調だった20年以上前は、「世界一高い」などといわれたこともありますが、いまはそれほど高くありません。

 

イギリスの経済専門誌『エコノミスト』が報告している経済指標に「ビッグマック指数」なるものがあります。これは、全世界でほぼ同一品質で販売されているビッグマックの価格を各国で比較することで、それぞれの国の物価をはかるための指標です。

 

2016年のビッグマック価格を見ると、日本は370円で31位です。最も高いのは、スイスの764円で、以下、スウェーデン621円、ノルウェー619円、アメリカ585円、フィンランド523円と続きます。

 

北欧の国々が高価格なのは、おそらくその高福祉をささえるための高額な税負担(消費税)のためでしょうが、本国アメリカでもかなり高いことが驚きです。

 

これらはいずれも先進国の例ですが、欧米以外でいえばイスラエルが509円、コスタリカが477円、ウルグアイが444円、韓国が426円、アラブ首長国連邦が420円、トルコが404円と、いずれも日本よりも高額な価格設定になっています。

 

日本のビッグマック価格370円は、サウジアラビアの379円、タイの367円と同レベルであり、新興国と同じ物価水準であることがわかります。

 

また、同じビッグマックが、中国では318円、ベトナムでは317円、フィリピンでは331円、パキスタンでは339円と、アジア諸国はさすがに日本よりも安くなっていますが、そこまで差が大きいわけでもありません。

 

円高の影響もありますが、ビッグマックの価格を見れば、日本と新興国との物価の差などほとんどないことがわかるでしょう。

 

実際、「爆買い」などと言われるように、昨今、中国人観光客が日本を訪れてさまざまな商品を大量に買い込む様子が報道されるようになりました。

 

この「爆買い」をしている中国人観光客は、特別に富裕層ばかりというわけではありません。所得が向上した中間層が、消費を楽しんでいる側面が大きいのです。

 

中国のメディアによれば、2015年の春節(中国の正月)休暇に、日本を訪れた中国人観光客は約45万人で、その消費額は1140億円にのぼるそうです。

 

官公庁の「訪日外国人消費動向調査」でも、中国人観光客の一人当たり支出額は約28万円で、他の国からの観光客に比べて群を抜いて多くなっています。

 

中国人観光客の「爆買い」の背景には、質の良い日本製品に対する圧倒的な信頼と購買意欲があります。そこに、中国国内と日本で購入した際の、日本製品の販売価格差の大きさが要因として加わり「爆買い」を生み出しているのです。

 

いずれにせよ、たとえ新興国であっても、安心と信頼の日本の製品・サービスに対する需要は非常に高いです。現地の競合製品と比べると、日本製品はたしかに高額になるのですが、高品質の高級品として買ってもらうことができています。

「海外活用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外法人」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自社商品の需要がある市場を見つけ出す 海外進出マーケティング戦略

株式会社フォースウェイブ・コンサルティング 代表取締役

日系シンクタンク、米外資系製薬会社を経て独立し、株式会社フォースウェイブ・コンサルティングを設立。海外事業戦略コンサルタントとして、企業の海外進出から進出後の現地マーケティング等までを包括的に支援している。また、経営・会計コンサルティングおよびビジネス教育・研修に携わる。

・日本貿易振興機構(JETRO)
 サービス産業海外進出支援専門家
 海外展開セミナー講師
・TAC米国公認会計士コース講師
 TAC公認内部監査人コース講師
・MBA(経営学修士)
・USCPA(米国公認会計士)
・CIA(公認内部監査人)

著者紹介

国内頭打ち商品で利益を生み出す 海外進出戦略

国内頭打ち商品で利益を生み出す 海外進出戦略

田中 義徳

幻冬舎メディアコンサルティング

国内では売上・利益ともに頭打ちで生き残りが厳しく、海外進出を試みても撤退を余儀なくされる――中小企業はどこに活路を見出せばいいのでしょうか。 海外のマーケットでは、日本国内と同様のマーケティング、営業手法で成果…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧