政府の金融政策で急増するスリランカの「自動車輸入」

2015年9月の自動車登録数が過去最大を更新したスリランカ。その背景には消費拡大につながる政府の政策があります。一方で、金融政策の誤りから財政赤字を悪化させるのでは・・・という不信も広がっています。自動車の輸入数増加から見えてくるスリランカ財政の混乱をお伝えします。

「マルチ・スズキ」を中心に自動車輸入が増加

当局による与信と輸入に対するコントロールによって、2015年9月のスリランカの車両登録がこれまでで最高の63,687台となった。そのうち自動車の登録は8月の9,107台から14,301台に急増した。

 

インド圏での生産販売を手がける「マルチ・スズキ」の勢いが特に目立っており、1月では1,363台だったのが8月には4,259台に、そして9月では7,789台の登録があったことがコロンボのJB証券がまとめたスリランカ車両登録データで明らかになった。

 

ハイブッリド車の増加も目立ち、1月に4,320台のピークを迎えた後は振るわなかったのが、9月には5,049台の登録になった。これも1月では8台しかなかったスズキ・ワゴンRが1,637台に増加したことが貢献した。

 

スリランカでもっとも売られているアルト(Maruti Alto)は8月の3,647台から7,337台への増加となっている。主に富裕層が乗るハイブリッド車はコロンボ中心部でよく見かけるが、マルチ・スズキの車は郊外や休日に見ることが多い。

公務員給与の増加が直接の原因か?

JB証券によればマルチ・スズキの車が増加した背景には、急遽、給料が増えた国家公務員による購入があるという。公務員給与の増加で悪化した財政赤字のために、中央銀行が金融引き締めを取れなかった結果、スリランカの消費面では与信と輸入が増加している。一方で中央銀行は金利を下げつつ、紙幣を増刷して国際収支バランスを悪化させた。

 

債券市場からの資本逃避を招いた4月の政策金利の引き下げは、当面の基金を積み立てるために許容量を超えてまで銀行に融資をさせようと、一定の流動性を流し込み続けるためだと、専門家は分析する。そして自動車の輸入拡大は、政府および民間クレジットが拡大している、明白な徴候である。

この記事は、GTAC提携のスリランカのニュースサイト「EconomyNext」が2015年10月に掲載した記事「Sri Lanka car registrations surge to all time high as controls come in」を、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自動車の輸入増加で見えてくるスリランカの金融政策

GTACと提携するスリランカのオンライン・ニュース・サイト。独自の取材網を築き、スリランカの経済、金融を中心とした幅広いニュースを報じている。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧