SWOT分析で自社の「弱み・強み」を探すには?

前回は、海外進出の方向性を探る「自社分析」の方法を紹介しました。今回は、SWOT分析で自社の「弱み・強み」を探す方法を見ていきます。

「書き出す手法」で会社の方向性を可視化する

自社の強み、自社の弱み、外部の機会、外部の脅威の4つを箇条書きにできたら、次はそれらの分析に入ります。

 

このとき、縦軸に内部環境分析(自社の強み、自社の弱み)、横軸に外部環境分析(外部の機会、外部の脅威)を書き出して、それぞれに合わせて4つの象限(升目)をつくることで分析がしやすくなります。

 

つまり、内部要因である「強み」と「弱み」、そして外部要因である「機会」と「脅威」をかけ合わせて比較するのです。

 

たとえば、先ほどのキッコーマンの例でいえば、「強み」である圧倒的なブランド力と醸造技術、「機会」である海外における和食文化拡大をかけ合わせれば、海外で販売を拡大する方向性が見えてきます。

 

[図表]キッコーマンのSWOT分析

分析しながら思いついたことは、とりあえず書き込む

現にキッコーマンは2020年ビジョンとして「しょうゆ世界戦略」を打ち出しており、「キッコーマンしょうゆをグローバル・スタンダードの調味料にする」という目標を掲げています。

 

一方で、海外における和食文化拡大や健康食志向拡大といった「機会」に乗じて、「弱み」である新製品開発力や多角化の遅れを改善する方向性も考えられます。

 

また、「強み」である国内シェアの高さに対して、国内の市場縮小という「脅威」への対抗策を考えておく必要もあります。

 

一方、「弱み」と「脅威」をかけ合わせた部分は、専守防衛または縮小撤退すべき分野になるので、この事業領域での縮小や撤退といった方向性を検討すべき領域です。

 

これらの分析結果を、4つの象限に書き込んでいきます。分析をしながら、新たに「強み」「弱み」「機会」「脅威」を思いつくこともよくあるので、その場合は遠慮せずに書き足していきます。

株式会社フォースウェイブ・コンサルティング 代表取締役

日系シンクタンク、米外資系製薬会社を経て独立し、株式会社フォースウェイブ・コンサルティングを設立。海外事業戦略コンサルタントとして、企業の海外進出から進出後の現地マーケティング等までを包括的に支援している。また、経営・会計コンサルティングおよびビジネス教育・研修に携わる。

・日本貿易振興機構(JETRO)
 サービス産業海外進出支援専門家
 海外展開セミナー講師
・TAC米国公認会計士コース講師
 TAC公認内部監査人コース講師
・MBA(経営学修士)
・USCPA(米国公認会計士)
・CIA(公認内部監査人)

著者紹介

連載自社商品の需要がある市場を見つけ出す 海外進出マーケティング戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧