アフリカ市場の開拓に成功した「カネカ」の付け毛製品

前回は、蚊帳や脱穀機など、海外ではまだまだ現役の日本製品について取り上げました。今回は、アフリカ市場の開拓に成功したカネカの付け毛製品について見ていきます。

かつらブームの終焉で、売上が落ち込んだカネカだが…

昔の日本では売れていて、いまは売れなくなったものが、海外ではまだ売れる――日本と海外で経済発展の状況が異なる以上、これはたしかにあることです。

 

しかし、海外市場が日本と違うのは、経済発展の段階ばかりではありません。気候も違えば、食べ物も違うし、ファッションやライフスタイルなどの文化も違います。人口構成も産業構造も違いますから、日本ではニーズのあまりないものが、海外ではおおいに必要とされることもよくあります。

 

その良い例が、カネカの開発した人工毛髪です。人工毛髪の主な用途は、日本ではかつらであり、ニッチな市場だと見なされています。

 

1960年代から70年代のかつらブームのときには、数多くの日本の繊維メーカーが人工毛髪の素材を提供しましたが、現在はカネカを含む2社のみとなっています。ところが、この人工毛髪を、ヘアー・エクステンション(付け毛)やファッション・ウィッグ(女性用かつら)などの頭髪装飾品として、大量に必要としている地域があります。それがアフリカです。

 

カネカは、かつら用の人工毛髪として合成繊維の「カネカロン」を販売していましたが、70年代にかつらブームが終焉したことで、売上が落ち込んでいました。このとき、偶然に発見したのがアフリカ市場です。

世界の40%のシェアを握ることに成功

1983年、ニューヨークに出張していたカネカの営業マンが、カネカロンの付け毛を大量に買い付けるセネガル人を見ました。

 

そこで、アフリカの市場調査を行ってみたところ、くせ毛の多いアフリカでは女性用のファッション用品として、付け毛やかつらが非常に人気があることがわかりました。アフリカにおける頭髪装飾品の旺盛な需要を確認したカネカは、以来、アフリカ市場の開拓に邁進します。

 

その甲斐あって、現在、カネカの付け毛製品は、アフリカの頭髪装飾品市場の60%、世界の頭髪装飾商品市場の40%のシェアを握っています。

「海外活用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外法人」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自社商品の需要がある市場を見つけ出す 海外進出マーケティング戦略

株式会社フォースウェイブ・コンサルティング 代表取締役

日系シンクタンク、米外資系製薬会社を経て独立し、株式会社フォースウェイブ・コンサルティングを設立。海外事業戦略コンサルタントとして、企業の海外進出から進出後の現地マーケティング等までを包括的に支援している。また、経営・会計コンサルティングおよびビジネス教育・研修に携わる。

・日本貿易振興機構(JETRO)
 サービス産業海外進出支援専門家
 海外展開セミナー講師
・TAC米国公認会計士コース講師
 TAC公認内部監査人コース講師
・MBA(経営学修士)
・USCPA(米国公認会計士)
・CIA(公認内部監査人)

著者紹介

国内頭打ち商品で利益を生み出す 海外進出戦略

国内頭打ち商品で利益を生み出す 海外進出戦略

田中 義徳

幻冬舎メディアコンサルティング

国内では売上・利益ともに頭打ちで生き残りが厳しく、海外進出を試みても撤退を余儀なくされる――中小企業はどこに活路を見出せばいいのでしょうか。 海外のマーケットでは、日本国内と同様のマーケティング、営業手法で成果…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧