古い物件も新築同様に! NZ「リロケーションハウス」の事例

ニュージーランドで時々見かけるのが、大型トラックに「中古物件」を丸ごと載せて運んでいる光景。運搬された中古物件は、改装され、新築同様の物件に生まれ変わるのです。このような物件を「リロケーションハウス」と呼びますが、今回は、あるリロケーションハウスの様子を紹介します。

柱一本、ドアノブ一つも無駄にしないニュージーランド

ニュージーランドでは、夜中に車を運転していると、大きなトレーラーに出くわすことがあります。日本のニュースなどで、新幹線の新機種をトラックで運ぶ様子を見たことがある方もいるかもしれませんが、まさにそのような形で、大型トラックで家を運んでいるのです。

 

 

 

このような物件を、リロケーションハウスと称します。中古物件を購入し、内部を改装して新築同様に家を変身させるのです。中には「え? こんな家を保存するの?」と言いたくなるような物件でも、ニュージーランドでは柱一本、ドアのノブ一つ無駄なく解体し、販売するのです。

 

 

オークランド市内にも、窓枠などの部品を売っている店があるのですが、今回は家そのものを販売している、カーヤードならぬハウスヤードへ訪問しました。

 

トラックで家を運ぶ・・・豪快な搬送に見えますが、このような物件はまさに宝の山なのです。

 

新築を建設する場合、家のデザインから基礎工事・内装建設まで行うと、時間とコストが多くかかります。現在は建築コストも上昇しており、200㎡の3~4LDKの物件を建築する場合、建築費用は、30万NZドル~50万NZドル(約2400万円~4000万円)程度もかかります。

 

その点、リロケーション物件は安く、底値の物件は3万NZドル(約240万円)、条件が良い家は、15万NZドル(約1200万円)。それに内装工事費用を加えても、5万NZドル~15万NZドル(約400万円~約1200万円)程度で購入できます。

 

新築物件の二分の一、又はそれ以下の費用で建設でき、さらに工事期間も三分の一で済む点に人気の秘密があります。

古い物件特有の「クラシカルなデザイン」も人気の理由

「家を売りませんか?」という看板を時折見かけるのですが、これは我々不動産屋による家を売却しませんか? という宣伝文句ではなく、家を売却する家主へ向けての広告です。

 

我々が訪問したある物件の話を紹介しましょう。

 

こちらでは、トラックによって新しい家が運ばれてきたところで、ちょうど検査を行っていました。交渉を行う会社に、希望する家の内容を伝えておくと、該当する家が出てきた際に連絡をくれます。この会社の社長は若い方ですが、積極的に相談に乗ってくれました。

 

こちらの物件は、実際に家を移動させて、改装した物件です。決して豪華ではないですが、賃貸運営ができるレベルまで改装工事を行いました。壁も穴が開いた状態でしたが、断熱材を入れ、ペンキを塗り替え、新築同様に改装していきます。

 

 

 

 

 

3万NZドル程度の価格で販売している家は本当に古く、家の木枠だけ使うと言っても過言ではない状態。このような物件は、全面改装をしないといけませんが、新築より工期を短縮でき、昔の家特有のクラシックなデザインであるため、ニュージーランド人の若い家族、定年間際の中年層に人気を得ています。

 

昔は、土地が1000㎡以上ある家が沢山ありました。その土地を二分割して、空き地にこのリロケーションハウスを設置し、1軒屋として単独で販売するか、自分で住むといった使い方をします。

 

投資用に使用する場合は、土地を2分割し、2軒家を建築することで、1軒分しかなかった収入を2倍に増やすことができるメリットがあります。

 

 

 

我々不動産業者も、この宝の山を求め日夜物件探しをしています。いつの時代でも土地を所有することは大事です。今すぐ家を建築せずとも、ランドバンキングとして保有するのも得策かと考えます。

 

物を大事にするニュージーランド・・・古いからといって解体しない、それどころか、それをビジネス化するところが面白い国なのです。

 

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧