お金の「公私」を明確にするための勘定科目の記載ルール

前回は、「現金出納帳」の記入例と勘定項目を解説しました。今回は、お金の「公私」を明確にするための勘定科目の記載ルールについて見ていきます。

「事業主の私」と「個人の私」の借入を区別する

一般的な「勘定科目」のなかで、お金の公私の区別をつけるために覚えていただきたいのが、「事業主借」「事業主貸」です。

 

事業主借とは、言葉通り、事業主個人からの借入のこと。つまり、事業主の「私」が、個人の「私」からお金を借りたことを意味します。事業主貸は、その逆で、事業主個人への貸出になります。事業主の「私」が、個人の「私」に生活費を「貸した」際に使う勘定科目です。「?」となった方もいらっしゃるかもしれませんが、個人事業主の場合は、給与制ではなく、基本的に売上から経費を引いた残り、利益が生活費となります。

 

つまり、場面によって、事業用資金が個人のモノとなったり、逆に個人の資金が事業用資金となったりする。

 

こうしたお金の流れをクリアにするために、

 

●事業の資産から事業主個人へお金が移動した場合「事業主貸」

 

●「個人用のお金を事業用の資産として移動させた場合」、または「事業用の経費を個人のお金で支払った場合」は「事業主借」

 

として記帳するわけです。

1日の終わりに、出納帳残高と現金有高をチェック

この「事業主借」「事業主貸」は、個人事業主の際に適用される勘定科目で、法人の場合は「借入金」、一時的に立て替えた金額については、「立替金」と記入します。

 

日々、現金のやりとりについて現金出納帳をつけたら、1日の終わりに、出納帳の残高と現金有高(事業用財布の中に入っているお金の額)が合うかどうかをチェックし、もし一時的に個人で立て替えたお金があれば、事業用財布から個人の財布に戻しておきます。

 

それでも合わない場合は、出納帳の転記・計算ミス、記入もれなど、不一致の原因をしっかりとチェックしましょう。

 

こうしてお金の出入りの〝見える化〟を習慣化すれば、「何に使ったかわからないけど、手元の現金がなくなっていた!」という事態も防げまず。どんぶり勘定からも脱出できるはずです。 

本連載は、2017年2月24日刊行の書籍『どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

関東信越税理士会行田支部 税理士

1999年税理士資格取得。税理士事務所に所属しながら顧客を増やすことを考えていたものの独立を決意し、櫻井税理士事務所を開設。2017年4月より、埼玉県羽生市に「ふたば税理士法人」を設立し、代表社員として税務・会計はもとより、独立開業支援から相続・贈与、事業承継まで、個人事業主の経営を全面的に支える。
2007年11月より関東信越税理士会埼玉県支部連合会が開設した会員相談室の相談員として県内の税理士及び税理士事務所の職員からの相談業務を行っている。
関東信越税理士会行田支部所属、日本税法学会会員、租税訴訟学会会員、日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。

著者紹介

連載手書きで簡単にできる個人事業主のための「出納帳」作成術

どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

櫻井 成行

幻冬舎メディアコンサルティング

個人事業主にとって、日々のお金の管理や確定申告は、頭を悩ませることのひとつです。忙しい仕事の合間を縫って、毎年〆切ギリギリに何とか税理士に資料を提出する、という人も少なくないでしょう。数字や計算が苦手な人は特に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧