相続税対策として「生命保険の活用」が最も合理的な理由

前回は、「相続時精算課税制度」の概要を紹介しました。今回は、相続税対策に「生命保険」が有効な理由について見ていきます。

納税資金の確保、公平な遺産分割・・・メリットは多い

ここまでに紹介した相続税の「節税策」からさらに一歩進んだ対策もあります。たとえば生命保険などは納税資金を確保するためにも活用できるので、積極的に検討したい対策の一つです。そのほかにどんな相続税対策があるのでしょうか?

 

相子 相続税の対策に生命保険がいいと聞いたことがあるんですけど、どうなのでしょう?

 

北井 高齢の方が生命保険をかける理由として多いのは葬儀費用の準備です。前にも紹介したとおり葬儀には平均で200万円程度かかりますので、配偶者や子供に迷惑をかけないよう生命保険に入る人が多いのです。それに加えて、生命保険には「相続を円滑にする」という働きがあります。

 

相子 そうなんですか?

 

北井 はい。分割のトラブルを防ぎ、スムーズな納税を支援する効果があるのです。こちらの効果を意識する人が増えれば、円満な相続がもっと増えるはずです。

 

[ 生命保険が相続にもたらす主なメリット ]

①納税資金を準備できる

②遺産分割の公平性を高められる

③相続税を節税できる

 納税資金がないと、自宅を手放すことにも・・・

相子 具体的にはどういうことですか?

 

北井 では、一つずつ説明していきますね。まず、「①納税資金を準備できる」というのは、相続人にとっては大変ありがたい生命保険の働きです。納税資金がないとさまざまな問題が発生するのは、すでにお伝えしましたね? 不動産や自社株など、現金以外の相続財産が多いケースでは、相続人は納税資金に困りがちです。

 

相子 納税資金を準備しておかないと、預貯金がなくなったり、自宅や土地を売るはめになったりというケースがあるんですよね。

 

北井 そうです。ですから納税資金の準備は非常に大切なのですが、それだけのキャッシュを常に確保しておくのは大変ですよね。納税資金が心配だからお金を使えないとなると、被相続人の老後は不便なものになります。そこで、生命保険で賄うのが一番合理的な方法なのです。

本連載は、2016年12月14日刊行の書籍『「相続」のことがたった1時間でわかる本』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

税理士法人ティームズ 代表社員税理士

1971年生まれ。大学在学中から簿記会計の勉強を始める。2004年、税理士登録(登録番号100186)。大手の資格試験専門学校での講師経験もあり、講師時代は丁寧でわかりやすい解説で受講生から高い評価を得た。2011年11月、税理士法人ティームズ設立。全国で税務相談や顧問契約、会社設立サポート、相続・不動産の相談などを行う。会社設立後の経営サポートと不動産関連の実績に定評があり、相続をはじめ、各種税務の相談多数、セミナーでは丁寧でわかりやすい解説で人気を博す。

著者紹介

連載「円満相続」のための相続税対策の基礎知識

「相続」のことがたった1時間でわかる本

「相続」のことがたった1時間でわかる本

北井 雄大

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税の納税資金が足りず資産を手放すことになった、知らぬ間に親が多額の借金をしていた、相続財産の分配について家族間で争いが起こった……。相続では、正しく対策を打っておかなければ、残された家族が大きなトラブルに巻…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧