ビールの持つ健康効果を最大限に発揮するには?

前回は、ビールと枝豆の組み合わせが定番になった理由を説明しました。今回は、ビールの持つ健康効果を最大限に発揮するためのポイントを見ていきます。

ビールから十分な栄養を取るには、大量摂取の必要が…

ビールを飲んでいるときは、揚げ物やピザなどの脂っこいものが食べたくなりますが、飲酒をしているときに肝臓では、アルコールの分解が優先されるために脂質の代謝が後回しとなり、脂肪が溜まりやすくなっています。その結果、脂肪肝になるリスクが高くなりますので、脂肪の多いおつまみを避けることが前提条件となります。

 

その上で、ビールの抗酸化作用をはじめとする、さまざまな健康効果を利用して病気を予防するためには、文献などを検討した結果、1日1本あるいは1缶を適量とします。

 

しかし、そうなると摂取できる栄養素の量も微々たるものになってしまい、効果を得るには大量にビールを飲む必要が出てきます。実際に、ホップに含まれるキサントフモールに抗がん作用があることは以前からわかっていましたが、2006年に米国のオレゴン州立大学の研究により前立腺がんへの効果が特定されたことが発表されました(時事通信)。

 

ところが、その効果を得るにはかなりの量のビールを飲まなければならないため、かえって健康を害して現実的ではないとされています。

不足する栄養は「おつまみ」で補う

このようなことがないように、おつまみとセットで考えていきたいと思います。例えば、糖質や脂質の代謝に働くビタミンB群の一種であるナイアシンという成分は、ビール1缶(350㎖)中に2.83㎎含まれています。成人男性が1日に必要な摂取目安は15㎎ですから、1食で5㎎摂るとした場合、ビール1缶で半分がまかなえる計算になります。

 

これに対してビタミンB2では、1日1.6㎎必要のため、1食で0.5㎎摂るとして、ビール1缶には0.07㎎含まれていますので、約7分の1しか摂れません。

 

そこで、ビールの不足分をおつまみで補うことで栄養バランスをとりながら、ビールの抗酸化作用を高めるために、ビールとは異なる抗酸化作用を持つファイトケミカルをおつまみにプラスして相乗効果を狙っていきます。

 

これによって、ビールの持つ健康効果を最大限に得られようになるのではないでしょうか。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「体の酸化」を食い止めるビールの健康効果

特定医療法人大坪会「小石川東京病院」院長 医学博士

1988年日本大学医学部卒業。専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。平成23年より現職。高いレベルの脊椎手術と納得感のある丁寧な説明が、患者から信頼を得る。得意分野は脊椎手術全般、骨粗しょう症の治療。
海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

著者紹介

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

大川 章裕

幻冬舎メディアコンサルティング

【ビールで病気を予防する!?】 ビールが老化や病気の原因となる「体の酸化」を防ぐ効果が高いと聞いたら驚く人は多いでしょう。しかし、ビールは古くから健康維持に用いられた歴史を持っており、近年ではその効果が科学的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧