ビールと枝豆の組み合わせが「定番」になった理由

前回は、ビールのおつまみには「枝豆」が最適といえる理由を説明しました。今回は、ビールと枝豆の組み合わせが定番になった理由を見ていきます。

一般家庭に冷蔵庫が普及したことで身近になったビール

では、ビールに枝豆が定番になったのはどうしてでしょう。この疑問を調べていくと、面白いことがわかりました。

 

日本初のビヤホールが誕生したのは、明治32年に銀座の「恵比寿ビール」でした。当時は西洋にならって、ラディッシュの代わりに大根のスライスを出していたそうです。ところが、これが不評だったため、その後は蕗や海老の佃煮にしたところ大いに受けたといいます。

 

昭和に入ると、いよいよビヤホールのメニューにソーセージやチーズなどのおつまみが登場しますが、まだビールの価格が高かったために大衆的な飲み物とはいえませんでした。ここでもまだ枝豆は出てきていません。

 

実は、枝豆が定番になったのは、昭和30年代の高度経済成長期なのです。一般家庭に冷蔵庫が普及したことで、ビールも爆発的に飲まれるようになりました。ビールも手頃な価格となったことで、ようやく大衆的な枝豆とセットになったそうです。つまり、枝豆は庶民の食べ物という扱いだったようです。

昭和40年代の「減反政策」で枝豆が出回るように

しかし、なぜ今日まで枝豆が、ビールの絶対的おつまみとして君臨し続けているのでしょうか。

 

これには、国内にお米が余るようになった、昭和40年代の「減反政策」があったのです。政府は、お米の生産を抑えて他の作物を作るようにと農家に求めました。この減反政策によって、栽培が容易な枝豆を作る農家が急増した結果、市場にも枝豆がたくさん出回るようになったわけです。

 

そうなれば手頃な値段で手に入る上、茹でるだけの手軽さから、どこの家庭でも枝豆をおつまみにするようになり、不動の地位を築き上げたのでした。

 

この最高のコンビは、高度経済成長期と減反政策の影響によって誕生したというわけです。それが、栄養的にも優れた組み合わせだったことが、なかなか興味深いところです。

特定医療法人大坪会「小石川東京病院」院長 医学博士

1988年日本大学医学部卒業。専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。平成23年より現職。高いレベルの脊椎手術と納得感のある丁寧な説明が、患者から信頼を得る。得意分野は脊椎手術全般、骨粗しょう症の治療。
海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

著者紹介

連載「体の酸化」を食い止めるビールの健康効果

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

大川 章裕

幻冬舎メディアコンサルティング

【ビールで病気を予防する!?】 ビールが老化や病気の原因となる「体の酸化」を防ぐ効果が高いと聞いたら驚く人は多いでしょう。しかし、ビールは古くから健康維持に用いられた歴史を持っており、近年ではその効果が科学的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧