ノベル版『女騎士、経理になる。』~第2章その㉓

幻冬舎コミックス運営のWEBマンガ雑誌「デンシバーズ」と幻冬舎ゴールドオンラインによる特別コラボ企画。デンシバーズの好評連載『女騎士、経理になる。』の原作小説で、2016年6月24日に発売された単行本『女騎士、経理になる。①鋳造された自由』のプロローグと第1章、第2章、第3章を無料公開します。今回は第2章「ガバメント・オブリゲーション」その㉓です。

▼一週間後、港町

 

馬 ポクポク……

 

女騎士「ようやく到着だ」
黒エルフ「帰りはのんびりした旅で助かったわ」

 

ワイワイ……ガヤガヤ……

 

女騎士「おや? 広場に人が集まっているぞ」
黒エルフ「広場沿いの教会が取り壊されているわね。建て替えるのかしら?」

 

女騎士「木造の古い建物だった。老朽化が進んでいたのだろう」
黒エルフ「おふれ書きが出ているみたいだけど、読んでいく?」

 

ワイワイ……ガヤガヤ……

 

女騎士「いや、あの人だかりでは読むだけで一刻はかかりそうだ。先に契約書を銀行に届けよう」

 

黒エルフ「それもそうね」

 

馬 ポクポク……

 

 

▼港町の銀行、応接室

 

幼メイド「だんなさまぁ~、お2人がお戻りになりましたぁ」

 

女騎士「無事、仲介業者に選ばれたのだ」
黒エルフ「ここに契約書面があるわ」

 

銀行家A「お疲れ様です。お手柄ですね」
銀行家B「お疲れ様です。お手柄ですね」

 

一同「「「え…銀行家さんが2人!?」」」

 

女騎士「まさか銀行家さんが双子だったとは……」

黒エルフ「……待って。この匂いは?」クンクン

 

銀行家B「あらあら、うふふ。バレてしまいましたかぁ」

 

銀行家A「ちょっとイタズラして驚かせようとしたのですが……」
銀行家B「お2人の目はごまかせなかったようですわね」

 

──ボフッ!!

 

女騎士「司祭補さまがなぜこちらに?」
司祭補「うふふ、銀行家さんとお喋りしていましたの♪」

 

銀行家「古代期の精霊教会における思想潮流と表現技法の変遷について語り合っていました」

 

黒エルフ「は、はぁ?」

司祭補「銀行家さんって物知りですのよ? 神学校では古代期について教わりませんもの」

 

銀行家「私もあなたほど話の通じる方にお目にかかるのは初めてです! 見てください、この壺の細工を」

 

司祭補「まあ! この絵、精霊の怒りを表していますわね。この幾何学模様は?」
銀行家「精霊さまのモチーフです。この時期にはすでに偶像崇拝が禁止されていて……」

 

司祭補「あらあら、まあまあ!」
黒エルフ「まったくついていけないわ」

 

女騎士「お話は結構なのですが、なぜ港町にいらっしゃったのでしょう?」

 

司祭補「わたしは国債購入の担当者ですもの。仲介業者と意思疎通しやすい場所に引っ越すのは当然ですわ♪ あなたがたと契約書を交わした翌日には帝都を発ちましたの」

 

黒エルフ「早馬を使ったのね」
司祭補「お2人より2日早く港町に到着しましたわ」

 

女騎士「では、広場で教会を建て替えていたのも、司祭補さまのご指示ですね」

 

司祭補「ええ、その通りですわ。……うふふ、かしこまった喋り方はやめてくださいな。いつもの女騎士さんの口調で結構です♪」

 

女騎士「いつもの口調、ですか……?」

 

司祭補「ダメかしら? わたしたち歳も近いし、お友達になれると思ったのですけれど……」

 

女騎士「し、しかし……」
黒エルフ「別にいいじゃない。気を遣うなんてあんたらしくないわ」

 

司祭補 ニコニコ

 

女騎士「……わ、分かりまし──、分かったのだ!」

司祭補「うふふ、これからよろしくお願いしますわね。女騎士さん、ダークエルフさん♪」

 

黒エルフ「なんだか、あんたとは長いつきあいになりそうな気がするわ」

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エンタメ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載特別コラボ特別企画――『デンシバーズ』発の異色人気ノベルを無料公開!

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

原作:Rootport,イラスト:こちも

幻冬舎コミックス

特殊スキル「簿記」を武器に世界を救え! twitter累計550万view! 話題沸騰の異世界会計英雄譚、原作小説登場!!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧