分散投資とは「何を」分散させる投資なのか?

前回は、分散投資の基本的な考え方を、具体的な事例をもとにして説明しました。今回は、分散投資においては、何を分散するのか、という点を見ていきます。

分散の対象となる4つの主な要素

「分散投資」と一言で表現しても、何を分散するかによって、その内容は変わってきます。以下、分散の対象となる4つの主な要素を見てみます。

 

①地域(国)の分散
日本だけではなく米国や欧州などの先進国や、東南アジアなどの新興国も含めて、どのような地域に投資をするかを検討します。

 

②商品の分散
株式、債券だけではなく、REITや金などのコモディティ、ヘッジファンドなどのオルタナティブ商品なども含めて、どのような商品に投資をするかを検討します。

 

③時期の分散
資産を一時に集中投資してしまうと、市場が大きく下落した場合、資産が大きく目減りしてしまいます。その対応として、購入時期を分散します。たとえば、定期的に同じ金額を積立投資する「ドルコスト平均法」という手法があります。この手法では、価格が安いときは量を多く購入し、価格が高いときは量を少なく購入する逆張りの効果もあわせて、平均取得価格を抑えられることが期待できます。

 

④期間の分散
それぞれのライフサイクルおいて、資金ニーズが生じる時期は異なってきます。そのため、一つの期間に絞って投資をするのではなく、短期/中期/長期と期間を分散することも検討されます。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

投資信託「ポートフォリオ分析サービス」のご案内

 

以上をまとめると、投資対象をグローバルに分散(グローバル分散投資)し、投資のタイミングを分散し(ドルコスト平均法による積立)、短期のみならず長期間の投資をすることが、負けないための運用手法であると考えます。

資産の大きな目減りを防ぐのが目的

長期的な資産形成を実現するには、一見退屈に思える運用方針でも、それを守り抜くことが必要です。

 

例えば、投資でマイナスが33%出てしまった場合、そこから元(投資した金額)に戻すには、50%のプラスが必要(100×33%=33 100-33=67 67×50%≒33 67+33=100)ですが、マイナスが10%の場合は、11%の上昇で元の金額に戻ります。つまり、なるべく大きな下落を避けることが肝要なのです。

 

この点で、分散投資は下ブレのリスクを抑制し、資産の大きな目減りを避け、着実に資産を増やすことを目標とした運用手法のひとつです。

目安となる「100-年齢=リスク資産の比率」の計算式

運用成果に最も重要な影響を与えているには、資産配分(アセット・アロケーション)だと言われています。投資の成否を決める要因において、個別銘柄の選択や売買のタイミングなどが占める割合は2割程度に過ぎず、約8割は資産配分によって決まるという研究結果もあります。

 

資産の大きさ、リスク許容度、投資目的、運用期間(年齢)などによって、適切な資産配分は、人それぞれで異なります。とは言っても、目安が全くないわけではなく、例えばリスク許容度については「100-年齢=リスク資産の比率」という考え方があります。ここから分かるのは、投資期間を長く取れる若い人ほど、リスク許容度は高く、反対に高齢であればリスク許容度は低いということです。

 

具体的には、30歳の人であれば「100-30=70」で、リスク資産(株式等)の比率を70%に高めても許容されやすい一方で、70歳の人はリスク資産の比率を30%に抑え、残り70%は低リスク資産(債券等)に配分することが薦められます。

 

もちろん、ライフイベントなど他の要因なども考慮して、各人がそれぞれの投資スタイルを検討することが大切です。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

投資信託「ポートフォリオ分析サービス」のご案内

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「投資信託」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

資産運用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

コモンズ流「30年・30社の企業」への厳選投資ノウハウと、「投資信託」の正しい使い方

~企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは

講師 伊井 哲朗 冨中則文 氏
日時 2017年12月06日(水)
内容

<第1部>

コモンズ投信が考える長期、厳選集中投資

~不確実な時代でも投資が出来る“強い企業”の特徴~

 

・30年・30社の企業への厳選投資、コモンズ流の長期・集中投資とは?

・企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは?

・企業、投資家、コモンズが対話で企業価値の創造を実現する参加型ファンドとは?

・世界の成長を取り込むための、日本版ネスレ(真のグローバル企業)を探し出す投資手法とは?

・長期的な資産形成の王道は、なぜ世界の成長を取り込むことなのか?

・2020年を起点に日本はどのように変わるのか?

 

講師:伊井 哲朗 氏 コモンズ投信株式会社 代表取締役社長兼最高運用責任者

 

<第2部>

投資信託の正しい活用術

~出版系IFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)の立場だから話せる投資信託の裏側~

 

・銀行窓口ですすめられる商品を買うとなぜ後悔をするのか?

・本当によい投資信託と金融機関で「よく売れている商品」がまったく違う理由とは?

・買ってはいけない投資信託の見極め方とは?

・金融機関が何故か教えてくれない本来あるべき資産運用とは?

 

講師:冨中 則文 株式会社幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧