注目すべきは相関関係 リスク低減を目指すための分散投資

前回は、日米英における家計金融資産の構成比の違いについて検証をし、日本が置かれている現状を確認しました。今回は、リスクを低減するための分散投資という考え方について見ていきます。

「すべての卵を一つのカゴに盛るな」とは言うが・・・

分散投資の大切さを表すものとして「すべての卵を一つのカゴに盛るな」(「 Don’t put all your eggs in one basket」)という格言があります。すべての卵を一つのカゴに入れておくと、落としたときにすべて割れてしまいます。ここから、株や投資信託などの特定の資産に集中して投資することは、リスクが高いという教訓を示しています。

 

この格言は、分散投資を説明する際に良く使われますが、どのような投資であれば「一つのカゴ」に盛らないことになるか、については留意が必要です。以下に、分散投資の手法について具体的に見ていきながら、その点について説明します。

 

例として、今から10年前の2007年3月に、TOPIX(東証株価指数)に連動した商品に投資をしたとします。TOPIXとは、東証1部に上場している全銘柄の時価総額を全銘柄数で割った数字で、日本株式市場の代表的な指数(インデックス)です。

 

分かりやすくするために、投資を開始した時点(2007年3月)のTOPIXの指数を100として、その後の動きを見てみます。リーマンショックで市場が揺れた2009年初めには、50前後に下落し、その後も、東北の震災や円高などの影響を受けて、2012年までは50前後で推移しました。2013年以降は、アベノミクスや日銀の金融緩和などによって上昇をし、現在では100まで戻しています。

 

ここで、TOPIXに連動する商品に投資をしている投資家が、分散を図る目的で他の商品にも投資することを考えたとします。そして、その投資対象としてS&P500指数に連動した商品に投資をすることにします。S&P500指数とは米国の株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。

 

では、このS&P500指数は同時期にどのような動きをしていたでしょうか。同じく投資を開始した時点の2007年3月の指数を100とします。TOPIXと同様に、リーマンショックの影響を受けて、2009年初めには50前後に下落しています。その後は今日まで上昇し、160になっています。

 

TOPIXとS&P500では、東北の震災や為替の円高などの日本独自の要因によって、2010年から2012年中頃にかけては、少し違った動きになっていますが、この期間以外では同じトレンドを示している点に注意が必要です。

日本株式と逆相関の傾向を示す「金」

それでは、S&P500に代わって、金に投資をするとしたら、どうでしょうか。同じく金(現物1ozあたり)の指数の動きを見てみます。

 

2007年3月に投資開始した時点の指数を100とします。そこから2012年までは、上昇基調を続け、250を超えたところを推移していました。その後、下落に転じて2016年の終わりには、150になっています。

 

S&P500と異なり、TOPIXと金の指数では、動きのトレンドが逆になっています。2007年から2012年中頃まで、TOPIXが下落した時期に金は上昇し、それ以降、TOPIXが上昇する局面で金は下落傾向を示しています。

 

ここから分かることは、TOPIX指数への投資とのセットには、S&P500指数への投資よりも、金の指数への投資の方が、分散の効果をより引き出せるということです。

 

一見、分散して投資していると思っても、上記の例のように、日本株と米国株の組み合わせでは、結局、同じカゴに盛っていることになり、適切なリスク分散が出来ていません。

 

このように一言で分散投資と言っても、分散する対象は何かを整理する必要があります。次回はこの点について、さらに掘り下げて説明します。

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧