ビットコインにDNS機能を付加した「ネームコイン」の概要

前回は、ビットコインと異なる「ライトコイン」の3つの特徴を紹介しました。今回は、ビットコインにDNS機能を付加した「ネームコイン」の概要を説明します。

インターネット空間を自由に漂う「.bit」ドメイン

ネームコイン(Namecoin)とは、ビットコインにDNS(Domain Name Service)機能を付加したコインです。DNSとは、インターネットのウェブサイトとURLを紐付ける仕組みと言えばわかりやすいかもしれません。例えば、インターネット上の住所を表すIPアドレスのまま表現すると「http://202.12.30.144/」となりますが、これを「http://google.com」のように私たちでも理解できる名前と紐付ける仕組みのことです。現在、ネームコインでは「.bit」というドメインを使用しています。ドメインの取得には、ネームコインを支払う必要があります。

 

通常のDNSと異なる点として、「.bit」を含むサイトURLをただブラウザ上に入力しても閲覧することができません。閲覧するためには、Firefoxなどのブラウザ用に公開されている専用のプラグインを追加することで閲覧できるようになります。

 

この「.bit」ドメインは、インターネット上のポリシーなどの取り決めを行っている米国の非営利組織「ICANN」の管理下にはありません。見方を変えると、良くも悪くも本当の意味での自由なインターネット空間と言えるかもしれません。

 

ネームコインの構想については、2010年9月の段階からビットコインに関するフォーラムである「Bitcointalk.org」上で、「BitDNS」として議論がなされていました。「Bitcointalk.org」が、このプロジェクトに報酬を出すことを発表し、2011年4月にVincedというGithub上に公開されました。

 

また、ビットコインと同じシステムを用いて同時にマイ二ングができる「マージマイニング」という特徴を持っています。

「マージマイニング」とは何か?

マージマイ二ングとは、暗号通貨のネットワークを構成するノードが報酬を得るために行うマイニング作業を、複数のブロックチェーンで同時に行うことです。同じ暗号化方式をとっているブロックチェーン同士であれば、計算方式が同じであるため、計算の仕組みを使い回すことができます。

 

例えば、ビットコインとネームコインのように暗号化方式が同じ暗号通貨ペアがあるとします。ビットコインのマイニング作業のために行った計算結果を、その都度ネームコインのマイニング作業の計算結果として利用していきます。

 

そうすることで、ビットコイン側では計算結果が適合しない場合でも、ネームコイン側では適合するといったことが起き、ネームコイン側で報酬を支払うことができます。そのため、マイニングで報酬を得ているマイナーにとってメリットがあります。

 

ネームコインは、DNS機能の他にも様々な使い方が模索されています。

 

2013年4月にNameIDとOpenIDという機能がリリースされました。NameIDとは、個人情報をネームコインのブロックチェーン上で認証する機能です。OpenIDとは、そのネームコインによる認証を用いて、既存のWEBサイトへのログインを許可する機能です。

 

また2014年5月には、「Monegraph」というネームコインのブロックチェーンを用いて、オンライン上のデジタル作品をクリエイターのツイッターアカウントと結び付け、著作権を保護するプロジェクトも動き出しました。

 

【基本情報】

名称:Namecoin

呼び方:ネームコイン

コード:NMC

開発者/開発組織:Vinced

暗号化方式:SHA−256

コンセンサスアルゴリズム:ProofofWork

承認目安時間:約10分

上限発行量:2100万

本連載は、2016年11月24日刊行の書籍『一冊でまるわかり 暗号通貨 2016~2017』から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載初心者のための「暗号通貨」入門

アルタアップス株式会社 代表取締役CEO

大阪府出身、1993年生まれ。京都大学法学部在学中。複数のITベンチャー企業に参画し、マーケティングと経済を実地で学ぶ。その後、偶然読んだナカモト氏の論文をきっかけに、ビットコインおよびブロックチェーンの可能性に関心を持つ。独自で知識を深めるほか、ブロックチェーン技術の研究開発を行う企業へジョイン。現在は国内における啓蒙活動としてセミナーの開催やカンファレンスへの参加および在日中国人向けの新聞紙『日中商報』へコラムを寄稿している。

著者紹介

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

一冊でまるわかり 暗号通貨2016~2017

森川 夢佑斗

幻冬舎メディアコンサルティング

電気代を暗号通貨で支払えるようになる――こんなニュースが伝えられるなど、「暗号通過経済」の到来が間近になっている。本書は「ビットコイン」をはじめとする暗号通貨やそれを支えるブロックチェーンについて、興味を持って…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧