誠実な業者ほど儲からない!? 住宅建築業界のゆがみ

本連載は、NPO法人ハウジングネットコンシェルジュの代表理事である佐々木孝氏の著書、『誰も教えてくれないマイホーム建築の罠』(太陽出版)の中から一部を抜粋し、住宅業界に横行する「悪習」を明らかにし、住宅を建設する側として押さえておきたい対処術をご紹介します。

「だまし」が横行する住宅建設業界

「多くの住宅会社は顧客をだまして暴利を貪っている」

これが2002年からのNPO活動で得た私の結論です。

 

「住宅会社が顧客をだます、とは言い過ぎではないか?」そう思う方もいることでしょう。しかしこれは事実です。嘘だと思うのでしたら住宅展示場に行ってください。そこで出てくる見積書の大半が建設業法の指示に反しています。彼らは法律を無視して契約を取っていると言わざる得ません。その理由は簡単です。

 

1.客をだましたほうが儲かるから

2.素人は簡単にだませるから

3.法律を無視しても罰せられないから

 

そして、多くのひとが数百万円から一千万円以上の被害を受けています。それはとてつもなく大きな被害です。

 

しかし、建設に関する知識のないひとは、自分がだまされたことすら気付きにくいものです。契約前にだまされていることに気付くひと。契約後に気付くひと。完成後に気付くひと。30年経って気付くひと。ずっと気付かないひと・・・。

 

「これっきりの客」から暴利をむさぼるビジネスモデル

●原因1 住宅建築の業界はぼったくりバーと同じ体質

 

世の中にはたくさんの商品やサービスが溢れていますが、ほとんどすべての商売がリピート商売であるということをご存知でしょうか?

 

リピート商売というのは、商品を購入したお客様が再び同一商品を購入することによって、何度も利益を得られる商売のことです。例えば、スーパーやコンビニで買い物をして商品を購入する、美容室で髪を切る、電車に乗る、といったようなことです。意識はしていないでしょうが、何度も繰り返し利用していることに気づくはずです。

 

企業をはじめ商売を行っている人たちは、リピートしてもらえるようにお客様に誠意を尽くし努力します。何度もリピートしてくれるお客様が多くなればなるほど、安定して利益を得ることができるからです。

 

このようにリピート商売は「お客様の立場にたった、お客様が喜ぶ商品やサービス」を提供する必要があるのです。もしお客様に「この商品はダメだ」「ここの接客はひどい」などと判断されれば、二度と利用してもらえなくなって、利益を失うことになります。

 

世の中の商売のほとんどがリピート商売である中、リピートされない商売がほんのわずかですが存在します。有名なのは「ぼったくりバー」です。リピートしなくても良いと思っているお客様を相手に、1回当たりの暴利をむさぼります。

 

そして残念なことに、「住宅建築」もまったく同じなのです。あなたが家を建てたとします。次に家を建てるのはいつですか? きっと2軒目を建てる予定はないはずです。つまり住宅メーカーにとって、あなたは「これっきりのお客様」になる可能性が非常に高いのです。

 

「もう二度と顧客として接することはない。それならば、誠実に対応して適切な利益をもらうより、ルールを利用してたくさんの利益を取ったほうが得である」と考えているような住宅メーカーが非常に多いのです。

 

あなたやほかの客から得た余分な利益で住宅メーカーは新たな広告を出し、新しいカモを住宅展示場におびき寄せる。これが、悪質な住宅メーカーのビジネスモデルです。一般的な「お客様の立場にたった、お客様が喜ぶ商品やサービス」を提供するというリピート商売の考え方は、現在の住宅業界にはほとんどありません。この事実をぜひ覚えておいてください。有名な大手の住宅メーカーだからといって安心はできません。

儲けているのは「だますのがうまい」会社!?

もちろん、すべての住宅メーカーがお客様をだまして利益をむさぼる、ぼったくりバーのようだといっているのではありません。誠実に仕事をしてお客様に満足してもらっている住宅メーカーもあります。

 

しかし、お客様のために誠実な仕事をすればするほど、彼らは儲かりません。住宅業界に存在する「顧客をだましやすいルール」は、誠実な仕事をする住宅メーカーにとっても不利な仕組みでもあるからです。

 

つまり、「儲けている会社はお客様をだますのがうまい会社」なのです。これが「住宅建築業界のゆがみ」となる第1の原因です。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載マイホーム建築の罠 住宅建築業界に横行する「悪習」を知る

NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ  代表理事

1961年7月福島県生まれ。1983年に東京のソフトウェア会社にて顧客(企業)の業務分析、経理分析、導入するプログラムの設計を担当する。
1987年に、仙台市太白区にソフトウェア開発を主とする総合コンサルティング会社を設立し、企業の業務分析、経理分析、経営効率分析を担当する。
1994年に、大手住宅メーカー専属設計担当会社と合併し取締役に就任。1999年に退職後、2002年にNPO法人ハウジングネットコンシェルジュを設立し、2,000名の相談、400棟の建築検査など住宅問題の啓蒙活動を行っている。

著者紹介

誰も教えてくれない マイホーム建築の罠

誰も教えてくれない マイホーム建築の罠

佐々木 孝

太陽出版

テレビ等で宣伝もしている大手の住宅メーカーに頼むから安心と考えていませんか? 一般のひとが考えるほど多くの住宅業者は良心的ではありません。 住宅展示場などで最初にとった見積書の金額から1000万円も高くなってしまった…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧