補助金分の課税を繰り延べられる!? 「圧縮記帳」の概要

今回は、「圧縮記帳」とは何かを説明します。※本連載は、福井泰代氏が代表取締役を務める「株式会社ナビット」が運営するWEBサイト、「助成金なう」のブログから一部を抜粋し、助成金・補助金に関する疑問や、専門用語をQ&A方式でわかりやすく紹介いたします。

補助金を使って固定資産を購入した場合に利用できる

圧縮記帳とは、補助金を使って設備などの固定資産を購入した場合、補助金分の課税を繰り延べる税法上の特例のことです。

 

例えば、補助金で1000万円の機械設備(定額法で5年償却とする)を購入したとします。補助金分の1000万円が雑収入として営業外収益に計上された場合、実効税率40%とすると、400万円の税金が掛かります。

 

これでは実質600万円の補助金となってしまいます。

 

しかし、圧縮記帳で固定資産圧縮損1000万円を計上することで補助金と差引ゼロとなり、税金はかかりません。

税金の繰り延べ効果とはどのようなものか?

ただし、本来だったら減価償却費200万円を5年間に渡り費用計上できるはずが、圧縮記帳によってできません。この分の税金を計算すると、200万円×40%=80万円の5年分、すなわち400万円の税金が掛かったのと同じ事になります。

 

これが、税金の繰り延べ効果というものです。

株式会社ナビット 代表取締役

神奈川県箱根町生まれ。31歳で創業。有限会社「アイデアママ」の社長になる。
当時4つの発明をし、もっとも売れたのが「のりかえ便利マップ」である。
現在は日本全国73%の駅に採用されている。

助成金・補助金情報サイト「助成金なう」はこちらから!
https://www.navit-j.com/service/joseikin-now/index.php


「助成金なう」は企業様にマッチした助成金・補助金の情報提供、申請のサポート支援するサービス。全国11,187機関の助成金・補助金情報を毎週随時更新。また、他社サイトにはない全国1,558市区町の自治体案件も掲載している。全国に提携している中小企業診断士や社会保険労務士のネットワークで、企業様の助成金・補助金の申請のサポートも行う。

著者紹介

連載疑問解決! 「助成金」「補助金」に関するQ&A

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧