「複雑すぎる投資信託」にメリットはあるのか?

今回は、「3階建て」や「4階建て」とも呼ばれる複雑な投資信託について見ていきます。※本連載では、日本でも始める人が増えている投資信託について、なかなか利益を上げるのが難しいという現状を踏まえつつ、お勧めできる運用手法をお伝えしていきます。

分配金の高さで人気を集めている商品も

投資信託には、株式、債券、不動産、コモディティなど、投資する資産によって、さまざまな種類の商品を選択することができます。このことは投資家の方もよく理解されていると思いますが、いろいろな運用手法があることは意外に知られていません。

 

例えば、3階建て、4階建てと呼ばれている投資信託をご存知でしょうか。これらの投資信託では、商品の名前に「プレミアム」「アルファ」「トリプル」などの言葉が盛り込まれているケースが目立ちます。高い分配金を出していることで人気となり、全体の純資産総額が1兆3000億円に達しています。知らないうちに保有されている投資家の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

商品を複雑にする「カバードコール戦略」

商品内容はとても複雑ですが、以下、1階建てから4階建てまで説明します。それぞれ次のような投資内容になります。

 

1階建て投資信託
一般的な投資信託はこのタイプ。株式や債券に投資をして、そこから上がるリターンを得る投資信託です。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を 開催!

10月31日(火)「GCIによる米大学基金の投資戦略」

11月15日(水)「スパークスの絶対リターンの獲得手法」

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

 

2階建て投資信託
通貨選択型と呼ばれる投資信託。投資対象の資産とは別の通貨を組み合わせるタイプです。


例えば、日本株式に投資をし、通貨はブラジルレアルを組み合わせます。ブラジルレアルは高金利通貨で金利差がプラスの収入になりますが、もしレアルが大きく下落すれば投信の基準価額に悪影響を及ぼします。そのため、日本株に投資しているのに、実際はブラジルレアルの変動に大きな影響を受けているということが起こり得ます。

 

3階建て投資信託
2階建ての通貨選択型に、「カバードコール」と呼ばれるオプション取引を組み合わせた投資信託です。

 

カバードコール戦略とは、投資対象(例えば日本株)の価格が大きく上昇した場合、一定水準以上の値上がり益を放棄する見返りとしてプレミアム(収入)を受け取る手法です。

 

予想以上に投資対象(例えば日本株)が値上がりした場合は、カバードコール戦略をとらないほうがよかったということになります。

 

4階建て投資信託
3階建て投資信託では投資対象(例えば日本株)に対してカバードコール戦略を取りましたが、さらに、通貨(例えばブラジルレアル)に対しても適用したのが4階建て投資信託です。

 

本来の投資対象(例えば日本株)の将来の値上がり益をカバードコールド戦略で放棄するだけでなく、さらに通貨(例えばブラジルレアル)の将来の値上がり益もカバードコール戦略で放棄することで、分配金を積み増そうとします。

複雑な設計で、高くなりやすい手数料

ここまでの説明を読んで、3階建てや4階建ての運用方法を理解できた方はほとんどいないのではないでしょうか。また、どういった局面で基準価額が上下するのかを予想できる方も少ないと思います。

 

実際に販売している金融機関の担当者でさえも、商品内容をきちんと理解し、運用経過を投資家の方へわかりやすく説明できる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

 

この種の投資信託は購入時の手数料が3.5%程度と高いものが多く、信託報酬も1.5~2.0%かかるものが多くなっています。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を 開催!

10月31日(火)「GCIによる米大学基金の投資戦略」

11月15日(水)「スパークスの絶対リターンの獲得手法」

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

 

そもそも、長期投資を前提としている投資信託で、値上がり益を放棄してまで、プレミアムを獲得する手法は必要でしょうか。

 

日本株が上がると思えば、日本株ファンドや日本株指数のETFを購入し、ブラジルレアルが上がると思えば、ブラジル債券ファンドやレアル建ての債券を購入すれば、投資の目的は達成されるはずです。

 

結論として、わからないものには投資しない、ということが重要でしょう。シンプルな投資である1階建て投資信託を、基本にして投資を検討していただければと思います。

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「投資信託」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!