2017年も住宅価格は上昇か・・・英国の不動産マーケット予測

今回は、英国の大手不動産会社や住宅ローン会社による、2017年の英国の住宅価格の予測をご紹介します。

Brexitの影響はあっても住宅価格は上昇と予測

英国における住宅価格の推移を知る上で参考になるのは、大手不動産会社であるナイトフランク社やサヴィルズ社、住宅ローンを貸出している住宅金融大手のネーションワイド社やハリファックス社によるレポートです。国内外の投資家は主に、これらの企業が出しているレポートに注目をしていますが、実際にはこの他にも、住宅価格を調査したり将来予測を公表している企業や政府機関が多くあります。

 

まずは、英国における最大の住宅ローンの貸手であるハリファックス社が2016年12月28日に公表した「2017年の住宅市場の見通し」というレポートをみてみましょう。

 

ハリファックス社はこのレポートで、2017年末までの英国の住宅価格の上昇率は1%〜4%にとどまると予想しています。Brexitが決定した2016年の住宅価格は6.5%の上昇でしたが、2017年はBrexitによる影響が表面化するために、上昇率が鈍化すると見込んでいます。また、1%〜4%と幅がある理由は、EU離脱交渉の進み具合が未だ見通せないためとしています。

 

Brexitによる先行き不安が広がっている中でも、住宅価格が上昇を続けると予想される理由は、前回の記事とも重複しますが下記の通りです。

 

1. EU離脱決定で想定されていたクラッシュ等が起きておらず、英国経済は予想されていたよりも良いパフォーマンスを発揮している。

 

2. イングランド銀行が政策金利を0.5%から0.25%に下げたことで、住宅ローンを活用しやすい環境が整い、それが住宅市場を下支えしている。

 

3. 住宅需要が強いものの、新規住宅供給数が政府が定める目標の半分にも達していない。

 

ただし、ロンドン中心部の高級住宅街については、これまで高い水準で価格上昇が続いており、新たな印紙土地税が導入された影響もあって、エリアによっては住宅価格が下落する可能性もあると指摘しています。

5年間を通して13%の価格上昇という予測も

次に大手不動産会社であるサヴィルズ社が2016年10月に公表したレポートの内容をみてみましょう。

 

同社は、今後の英国とEUとの関係がどのように変化するのかが見通せないため、2017年の英国住宅価格の上昇率は0%であるが、2018年以降は緩やかに上昇していくと予想しています。

 

サヴィルズ社が予測する2017〜2021年までの住宅価格の上昇率は下記の通りです。

 

2017年  ±0.0%

2018年  +2.0%

2019年  +5.5%

2020年  +3.0%

2021年  +2.0%

5年間を通して  +13%

 

EUとの離脱交渉期間は、リスボン条約50条に基づく離脱の通告から原則2年間と決まっているため、2019年の初めには交渉が結論に達すると見込まれています。交渉が進むなかで、全容が徐々に明らかになって行けば、住宅購入者の信頼が戻り、低い住宅ローン金利と相まって、住宅価格は上昇する可能性があると指摘されています。しかし、国内経済が好調で、消費者マインドが改善されれば、イングランド銀行は金利の引上げを行なうため、それが住宅価格に影響を与えることも予想されています。

 

次回は、英国での「家賃」の上昇率がどのように予想されているかをお伝えします。

 

参照元

http://static.halifax.co.uk/assets/pdf/mortgages/pdf/20161228-Halifax-HousingMarketOutlook2017-FINAL.pdf

http://pdf.euro.savills.co.uk/uk/residential-property-focus-uk/residential-property-focus-q4-2016.pdf

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載レジデンス&学生寮投資で注目集める「イギリス不動産」の魅力

ディフィニティブ不動産(Definitive Property Group Limited) 代表

1994年より不動産業界に携わる。不動産の売買、賃貸、管理に関する知識と経験を培った後、住宅開発部門において、住宅開発機会(既存の建物や土地など)の調達、投資戦略の考案と実現可能性の調査、購入手続き、地方自治体からの建築許可の取得、住宅建設のマネージメントなどを担当する。

2012年6月、自身の会社となるDefinitive Property Group Limitedを設立し、国内外の投資家へ英国になる一般住居、介護施設、学生寮などの不動産投資機会を販売している。その他にも一般のマーケットでは販売されていない、オフマーケットと呼ばれる住宅開発機会やロンドン中心部の高級住宅の売却も取り扱っている。
WEBサイト:http://definitivepropertygroup.com/jp/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧