日経平均2万7000円の実現へ 求められるアベノミクスの促進

今回は、3年以内に日経平均が2万7000円になるという楽観シナリオが実現するためには、何が必要なのかを見ていきます。※本連載は、「経済の千里眼」として知られる株式会社スガシタパートナーズの代表取締役・菅下清廣氏の著書、『世界マネーが狙う「大化け日本株」』(小学館)の中から一部を抜粋し、楽観シナリオでは日経平均2万7000円越えもあるという菅下氏の、2017年の株式相場の予測をお伝えします。

賃金の上昇と雇用の拡大が着実に進むことが条件

2016年には、大隅良典・東工大栄誉教授がノーベル医学・生理学賞を受賞し、これで3年連続の日本人によるノーベル賞受賞となりました。そのような最先端研究や先進技術によって、サービス、生活の質が向上していくことが第2ステージの目標です。具体的な政策と投資する銘柄などの検証は本書の第3章に譲りますが、ここでは「量から質へ」がキーワードになることを指摘しておきます。

 

もう少しイメージしやすい言葉で言うなら、楽観シナリオの条件は日本全体で賃金上昇と雇用拡大が着実に進むことです。安倍政権はさまざまなアプローチで賃金上昇を画策していますが、今のところ一進一退で明確な方向は見えてきません。これがしっかりと上昇し始めれば、国民の心理も改善し、消費や投資が主導する確かな相場につながります。もちろん、雇用も大事です。今は人手不足で失業者はかなり減っていますが、少子高齢化によって企業の側は慢性的な人手不足です。雇用の拡大とは、必ずしも失業率の減少という意味ではなく、日本全体で労働者の数が増えることです。それは企業活動が活発化した結果でもあり、生産、消費の両面から経済拡大が確認される状態を意味します。

経済へのインパクトが絶大な外国人労働者の受け入れ

安倍政権は、国内の企業活動を刺激し、雇用を拡大するために外国人労働者の受け入れを決断するかもしれません。あまり一般には知られていませんが、実は今も製造業や農業の現場には外国人労働者がたくさんいます。ただし、そうした単純労働では〝労働者〟は受け入れられないので、彼ら彼女らは〝技能実習生〟という名目で滞在ビザを取得しています。これは国内で(まかな)えない労働力を補うための方便ですが、実習生という扱いだと、数年働いて仕事や言葉をようやく覚えた頃には滞在期間が切れて帰国しなければなりません。そうした人たちが長く滞在できるような政策を安倍首相は考えているようです。また、女性の社会進出を助ける家事労働者(いわゆるメイド)やベビーシッターなどに外国人を活用する可能性もあるでしょう。

 

ヨーロッパやアメリカで移民が引き起こす諸問題が注目されているなかで、これに反対する声も当然あるでしょうが、きちんとしたルールを作れば不可能なことではありません。この政策は新たな予算措置などがほとんど必要なく、政治決断だけで可能です。そして、経済へのインパクトは絶大です。人手不足の企業や共働き家庭が助かるだけでなく、人材斡旋や人材派遣など関連する新しい業界が発展するでしょう。

 

それができれば日本経済の構造が根本から変わります。安倍政権は本書(『世界マナーが狙う「大化け日本株」』小学館)の第3章で紹介するように、GDP600兆円を実現するプランを練っていますが、政治決断ができるなら、2030年頃を目途にGDP1000兆円も不可能ではないと思います。また、それくらいの大きな目標を掲げて努力しなければ、第2ステージすらうまくいかないでしょう。

 

もっとはっきり言うなら、国論を二分するような政治決断をするためには、安倍首相にさらなるリーダーシップが求められます。安倍政権の支持率、自民党総裁任期の延長による安倍総裁の3選など、安倍政権の政治力や存続に関わる情報にも注意しておく必要があります。

 

改めて株価の話に戻ると、アベノミクスが前進して賃金上昇、雇用拡大が進むようならば、2019年までに株価は2万7000円を目指して上昇します。もしトランプ相場で日米の株価が急騰するようなことがあれば、2017年の末にも2万7000円に接近するシナリオも夢ではなくなるかもしれません。その勢いを測る指標として、為替のドル円相場も参考になります。トランプ経済が順調に発展した場合、1ドル=110~115円のゾーンに落ちつく。あるいはもっと円安が進んで120円台、130円台もあり得ると見ています。為替動向も確かめながら楽観シナリオの成否を見極めてください。

本連載は、2017年1月17日刊行の書籍『世界マネーが狙う「大化け日本株」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および小学館、幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日経平均は2万7000円へ!? 「経済の千里眼」が予測する2017年の株式相場

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長

国際金融コンサルタント、投資家、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。
ウォール街での経験を生かした独自の着眼点、オリジナルの「波動理論」でイベント・相場を先読みし、 日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」の異名も持つ。
経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。
著書に『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP研究所)、 『新しいお金の流れに乗りなさい』(徳間書店)、『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!』(実務教育出版)など多数。

著者紹介

世界マネーが狙う 「大化け日本株」

世界マネーが狙う 「大化け日本株」

菅下 清廣

小学館

2017年波乱相場の「大化け株」を分析 ウォールストリートで活躍し、「経済の千里眼」の異名をとる著者による相場予測と銘柄分析の2017年版。アメリカのトランプ政権誕生は波乱相場の到来を予感させるが、「千里眼」は、当面の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧