3年以内に「日経平均2万7000円」が実現するシナリオ

今回は、楽観的なシナリオに基づけば、3年以内に日経平均は2万7000円になるという予測をご紹介します。※本連載は、「経済の千里眼」として知られる株式会社スガシタパートナーズの代表取締役・菅下清廣氏の著書、『世界マネーが狙う「大化け日本株」』(小学館)の中から一部を抜粋し、楽観シナリオでは日経平均2万7000円越えもあるという菅下氏の、2017年の株式相場の予測をお伝えします。

直近の値下がり幅の2倍の値幅で上がる「倍返し」

話を今の相場に戻すと、3年波動で1万2000円あまり値上がりした日経平均が、その後の調整で6000円弱値下がりして底をつけ、反発し始めたということは、半値押し目前で株価が反転したことになります。相場のセオリーからすれば、これは上昇サインです。

 

ここから楽観シナリオの目標株価を設定します。ここでも相場の経験則が大事になります。

 

このパターンで意識すべきは「倍返し」の法則です。2013年に大ヒットしたドラマ「半沢直樹」で有名になったセリフではありません。あちらは「倍にして仕返しする」ことですが、こちらは相場用語で、上昇トレンドにある相場は、直近の値下がり幅の2倍の値幅で値上がりすることを指した言葉です。ドラマの倍返しと違って、こちらは大歓迎の現象です。上昇トレンドが続いている相場ならば、上げ下げを繰り返しながら新高値を少しずつ切り上げていくことが多いので、大雑把に言うと、100円上げて50円下げ、また100円上げて50円下げる……というサイクルを一定の期間繰り返すという相場の習性を言い表した格言です。

 

ただし、倍返しはいつも起きるわけではなく、大事なのは日柄とチャートの形です。今回はどうかと言うと、きれいに半値押し直前で切り返していること、さらに前回の上げ相場が3年波動、今回も次の天井が2018年から2019年と予測されることから本書(『世界マナーが狙う「大化け日本株」』小学館)の第1章で解説しましたが、2011年もしくは2012年が7年波動の出発点と考えられるため)、2016年から3年という期間が意識されますので、ここから倍返しすれば、半値押しの調整を挟んで同じ3年間で同じ1万2000円の値幅を上げるという美しいチャートを描きます。

 

底値の約1万5000円から1万2000円分値上がりすると考えると、楽観シナリオの目標株価は2万7000円ということになります。

「量から質へ」の転換が期待されるアベノミクス

では、楽観シナリオを実現する政治経済の動向や政策上の条件は何でしょうか。すでにお話ししたように、波動を読むうえで大切なのは日柄、その日柄は経験則から決まっていますが、金融政策や国際情勢によって日柄がズレる現象も起きます。波動から天井の時期と高さを予測したら、それが実現する条件、実現しない条件を考えると、さらに予測の精度が上がります。

 

安倍政権が発足して以来、相場の大きなエンジンは、常に「アベノミクスが進展している」と市場が判断することでした。最初の3年波動のメイン・エンジンは、そのなかでも金融政策でした。異次元の金融緩和によって相場に勢いがつき、それを好感して個人消費が高まり、円安によって輸出基幹産業が潤って、国内には外国人観光客が押し寄せました。

 

しかし、日銀は2016年9月にその戦略を放棄し、「量から金利へ」と舵を切りました。これは大きな間違いでしたが、金融政策だけに頼る第1ステージに限界が見えていたことも事実です。第2ステージは、金利政策に走った日銀に期待するのではなく、「量から質へ」の転換がカギになります。つまり、アベノミクスがどっしりと腰を落ち着けた成長戦略を推進できるかどうかです。

 

なお、菅下氏の予測する「中立シナリオ」「悲観シナリオ」については本書『世界マネーが狙う「大化け日本株」』で紹介しています。

本連載は、2017年1月17日刊行の書籍『世界マネーが狙う「大化け日本株」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および小学館、幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日経平均は2万7000円へ!? 「経済の千里眼」が予測する2017年の株式相場

スガシタパートナーズ株式会社 代表取締役社長

国際金融コンサルタント、投資家、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。
ウォール街での経験を生かした独自の着眼点、オリジナルの「波動理論」でイベント・相場を先読みし、 日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」の異名も持つ。
経験と人脈と知識に裏打ちされた首尾一貫した主張にファンも多く、政財界はじめ各界に多くの信奉者を持っている。
著書に『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP研究所)、 『新しいお金の流れに乗りなさい』(徳間書店)、『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい!』(実務教育出版)など多数。

著者紹介

世界マネーが狙う 「大化け日本株」

世界マネーが狙う 「大化け日本株」

菅下 清廣

小学館

2017年波乱相場の「大化け株」を分析 ウォールストリートで活躍し、「経済の千里眼」の異名をとる著者による相場予測と銘柄分析の2017年版。アメリカのトランプ政権誕生は波乱相場の到来を予感させるが、「千里眼」は、当面の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧