投資の観点から見た「新築アパート」のメリットとデメリット

前回は、投資の観点から見た「新築RC」のメリットとデメリットについて説明しました。今回は、同様に投資の観点から見た「新築アパート」のメリットとデメリットを見ていきます。

RC造に比べ、建築コストが安い木造アパート

前回の続きです。

 

では、新築アパートはどうでしょうか。

 

●新築アパートのメリット

①RCに比べ間取りの自由度が高い

 

②建築コストが安いため、借入金額も少額

 

③②により、融資も通りやすい

 

④②により、様々な地域に何棟も購入し、リスクを分散させることが可能

 

⑤②により、出口戦略も安心

 

⑥解体費用が安いため、建て替えも容易にできる

 

●新築アパートのデメリット

①RCに比べ災害に弱い

 

②防音性が低い

 

③2階建の場合、戸数の半分が1階となる

 

④RCに比べ、火災保険料が高い

木造もRC造も建物自体の耐用年数は長いが…

償却年数、設備の耐用年数、入居者ニーズ、融資借入期間がほぼ同じくらいだとすれば、小回りが利き自由度の高いアパートのほうに、次の手の打ちやすさがあるように思います。

 

また、アパートであろうと、RCであろうと、建物自体の耐用年数は思った以上に長いのですが、入居者のニーズが長くて20~30年だということが一番の問題となります。竣工から30年経ったとき、RCの場合は返済がまだまだ残っている点が、厳しい部分です。

 

さらに言えば入居者のニーズも、物件によって、もしくは販売する会社によっては、へたをすれば4~5年というものもありますから、いずれにしてもいかにニーズをとり入れているか、お付き合いする会社の見極めが肝心ということでしょう。

本連載は、2016年11月30日刊行の書籍『新築アパート経営こそ副業の中の本業 成功の秘訣55』から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

(株)アイケンジャパン 代表取締役

昭和40年、大分県生まれ。アパート経営歴18年、4 棟経営中。1985年賃貸会社に入社。仲介業の立場から業界の経験を積む。
1997年アパート販売会社に入社。建築企画のノウハウを蓄積する。経営者・オーナー・賃貸ショップ・管理会社それぞれの視点からアパート投資をみた結果、「堅実なアパート経営」こそ成功への近道だと確信。
2006 年に(株)アイケンホームを設立、2014 年に(株)アイケンジャパンに商号変更し現在に至るまで、変わらぬ姿勢で堅実なアパート経営を提案し続けている。
これまでに500 棟以上のアパートを販売。
創業以来、年間平均入居率99 %以上を維持しているアパートは、成功オーナーを輩出し続け、オーナーから厚い信頼を得ている。

著者紹介

連載成功の秘訣を伝授!「堅実なアパート経営」の進め方

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

中島 厚己

幻冬舎メディアコンサルティング

本書は、アパート経営で、「毎月安定した収入を得ながら資産形成ができる」というノウハウが満載。なぜ、そんなことが可能なのか?入居率99%のアパート経営を提案し続けて10年の実績を持つ著者が、入居者が入り続けるエリアを厳…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧