海外活用 香港 債券投資
連載現地銀行(日本ウェルス銀行)のトップが語る「香港投資の真髄」【第2回】

AAA格付からジャンク債まで何でも揃う香港の債券市場

無格付け債ジャンク債NWB(日本ウェルス銀行)

AAA格付からジャンク債まで何でも揃う香港の債券市場

世界各国の銘柄がズラリと並ぶ香港債券市場。今回は、それらの格付けをテーマとして、意外に知られていない「香港での債券投資」の魅力をご紹介する。

香港で販売される債券において、さらに特徴的といえるのが格付けである。AAA格付け債から始まり、BBB-まで投資適格ぎりぎりの債券まで販売されている。つまりワンノッチさがれば、即投資不適格債になるのだが、そこにはリスクとリターンをしっかりと見極めることができる個人投資家の姿が垣間見れる。

 

さらには、無格付け債券も多くみられる。特に中国本土・香港銘柄には無格付け債が多いのは注目である。無格付け債であるからといって、必ずしもジャンク債券というわけではなく、購入する個人は「あの会社なら3-5年でつぶれる訳がない」という自分格付けをしている可能性は高い。当然その分「利」は乗っている。賢い投資家に育てられる市場がそこにはあると感じられる。


また、欧米系の銀行のPI用(PI=プロフェッショナルインベスター。香港では運用資産HKD8百万ドル以上でPI宣言をした投資家)のオファーシートを見ると、これは本当に面白い。格付けはあるにはあるが、BBとかB+つまり非適格投資債券即ちジャンク債である。145銘柄中投資適格であるBBB以上は20銘柄以下、その他はすべて格付けなしか、格付けがあってもジャンクと分類される銘柄である。利回り水準は5%時には8%を上回っているものもみられる。

 

発行体名称は必ずしも日本人になじみの深い銘柄は多くないが、興味を持ってみているとIPO銘柄の優良銘柄を探し当てるような高揚感を味わえるものがある。あまり素人の方にはお勧めできないが、資金と時間に余裕があり信用分析に腕を発揮したい方は、債券発行体としては現在のバランスシートを見ることができるので、じっくりと財務分析をして投資をしてみるのもあるかもしれない。

 

ちなみに日本の場合、個人が適格機関投資家となる場合の資格として、(1) 直近日における当該個人が保有する有価証券の残高が十億円以上であること、(2) 当該個人が金融商品取引業者等に有価証券の取引を行うための口座を開設した日から起算して一年を経過していること、の二つの条件を満たす必要があるが、香港では前述のようにHKD800万ドル=1億2000万円程度ということで、敷居は日本の8分の1以下と低い。

 

したがって、目利きに自信がある方は、香港の銀行または証券会社でPI宣言して、果敢に低格付け債投資をする機会を試されるのも個人投資家冥利に尽きると思う。ただし、一銘柄集中投資ではなく、複数銘柄に分散し、そのジャンク債投資比率も10%以下に抑えるのが賢明であろう。

 

一見地味な感じのする香港債券市場であるが、発行市場からさらに流通市場を眺めてみると、一転して、債券銘柄のオリンピックの様相で、信用格付け・期間・金利・発行市場等それぞれに異なる発行要綱と眺めていて飽きることはない大変魅力的な投資機会が見えてくる訳である。秋の夜長に「香港での債券投資」を考える。新たなフロンティアに踏み入れる気分である。

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

中島 努

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB) CEO

東京大学卒。
1980年、日本長期信用銀行(現 新生銀行)に入行。在職中にボストン大学経営大学院留学。米国勤務を経て、金融商品開発部、頭取秘書、商品開発室長を歴任。
1998年、ゴールドマンサックス証券東京支店に入社、金融商品開発業務に長年従事、特に証券化・流動化業務に注力。政府系金融機関の証券化アドバイザーを歴任。
2004年にマネックス証券入社。CEO室長、戦略事業部長等を経て、取締役へ。2008年から中国事業を担当し、香港のBoom証券買収を主導、2011年、Monex International 会長に就任、Boom証券取締役を兼務。2013年6月、マネックスグループ常務執行役員並びにマネックス証券常務執行役員を退任後、Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCEOを務める。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載現地銀行(日本ウェルス銀行)のトップが語る「香港投資の真髄」

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest