物件を売ってください・・・不動産会社の「おとりチラシ」とは?

今回は、不動産会社の「おとりチラシ」のカラクリを見ていきます。 ※本連載では、「不動産高く売りたい.com」代表・露木 裕良氏の著書『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)より一部を抜粋し、売りたい人が抱える「事情」につけ入る不動産業者の実態を紹介します。

チラシに書かれた、相場より「少し高め」の数字

「○○町○丁目の土地を、○○○○万円でご購入希望のお客様がいます」

 

「当マンションを○○○○万円で購入希望」

 

こんなチラシがポストに入っていた経験はありませんか。

 

これはまず間違いなく「おとりチラシ」です。実際に買いたい客がいるわけではありません。売却を考えたとき、そのチラシの電話番号に連絡してもらうための布石です。

 

なかには「○千万円で」と、具体的な数字まで書いてあるチラシもあります。相場より少し高めの数字に踊らされて、つい電話してしまう人もいるようです。

現実には「買いたい人」を持っているわけではない!?

私の経験をお話ししましょう。東京都内の足立区にマンションを持っていて、自社で販売しようと準備していました。そのマンションのポストに何枚も何枚も、「あなたのマンションを購入したい人がいます」というチラシが入ってくるのです。

 

早速その不動産会社に連絡すると、

 

「はい、あなたのマンションを買いたい人がいますから、任せてください!」

 

という返事。個人所有の物件でしたので、試しに呼んで話を聞いてみました。すると、

 

「専任媒介契約を結んでからでないと、購入希望者をご案内できません」

 

の一点張り。まあ、現実には「買いたい人」を持っているわけではなかったのでしょう。

 

その後、実際に他の階で当該不動産業者がオープンハウス(内覧会)を始めました。迷わず営業マンに価格を聞くと、階数は違いますがまったく同じ間取りで700万円も安く販売されていました。

 

「あれー、○○○○万円で買いたい人がいたのでは?」

 

おとり広告は立派な法律違反です。おとりチラシは販売にも利用されます。

 

「○○町、駅8分築13年4LDK120㎡○○○○万円」

 

「えー、安くない!」――こんな手口にも引っかからないでください。この手のチラシは単なるおとり広告ですから気をつけましょう。ちなみに、このときの業者は、誰もが知っている有名な銀行の名前の付いた不動産会社です。

本連載は、2016年12月19日刊行の書籍『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載不動産の売主必読! 「不動産仲介業者」の恐ろしい実態

一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
「不動産高く売りたい.com」 サイト運営 

「新築大家さん」を運営する藤和コーポレーション株式会社元代表取締役。神奈川県出身。昭和60年大学卒業後、ハウスメーカーの現場監督として就職。平成元年建設業を起業独立以後木造住宅、分譲住宅、店舗、造成土木工事、アパート、マンションなど2,000棟以上を建築し住宅に係るすべての事業を経験。平成16年より「新築大家さん」を開始。共著書に『不動産投資は儲からない』(ジュリアン)がある。

「不動産高く売りたい.com」
http://hudousantakakuuritai.com/

著者紹介

不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと

不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと

露木 裕良

現代書林

業者が画策する「囲い込み」という悪しき手法。大儲けのためなら、どんな手でも平気で使う営業マン。「ワン、ツー、スリーで大儲け」の仕組みとは?「おとりチラシ」に騙されてはいけない。「一括査定」という言葉に潜む罠。売…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧