海外活用 海外口座 香港
連載初心者のための海外投資入門【最終回】

海外銀行口座の「口座維持手数料」「口座凍結」とは?

HSBCプレミア口座

海外銀行口座の「口座維持手数料」「口座凍結」とは?

海外銀行口座の利用にあたっては、当然のことながら多くの注意点がありますが、今回はこれまでと同様、香港のHSBCを例にとり、特に日本の銀行と異なる部分に焦点を当ててご説明します。

口座のグレードにより維持手数料も通常は異なる

海外銀行の口座で、まず気をつけておきたいのが「口座維持手数料」の存在です。日本の銀行の場合、口座にお金が入っていなくても何の問題もありませんが、HSBCを含めてほとんどの海外銀行では、口座残高が一定水準を下回ると、口座維持手数料が必要になってきます。

 

通常、口座に何種類かのグレードがあるのも海外銀行の特徴で、HSBCでは富裕層向け、準富裕層向け、一般向けの3種類の口座があります。それぞれ受けられるサービスが異なるのですが、このグレードごとに求められる口座残高が変わってくるわけです。

 

例えば、富裕層向けの口座はプレミアと呼ばれ、口座の平均残高は100万香港ドル以上とされています。もし、この水準を下回ると、毎月380香港ドルの口座維持手数料が預金残高から差し引かれるわけです。年間ベースで考えると、そこそこの金額となってしまいます。

 

残高不足のままずっと放置しておくと、どんどん口座維持手数料が引かれ続け、最終的には口座残高自体がマイナス(赤字)になります。こうなると、口座は強制解約となり、その後数年間は口座開設ができない状態になってしまうのです。

口座凍結を防ぐため1年に1度は口座を動かそう

では、所定の口座残高を超えていれば、あとは放置しておいても大丈夫かというと、そうでもありません。これも日本の銀行と大きく異なる点ですが、1年ぐらいの間、口座が動かない状態が続いただけで、口座凍結の処置が取られてしまうのです。

 

これを防ぐには、少なくとも1年に1回程度は、入出金をしたり、定期預金を組んだり、ファンドを買ったりという行動を取らなければなりません。簡単な方法のひとつは、ゆうちょ銀行やセブン銀行などのATMを使って1万円なり2万円なりを引き出すことですが、こうしたちょっとした努力(?)を怠ると、あえなく口座凍結という事態に陥ります。

 

いったん口座凍結になれば、本人が店舗まで出向いて(つまり、香港に渡航して)凍結解除の手続きを取らなければなりません。もちろん、基本的には顧客保護のための凍結措置であり、預けているお金が没収されるようなことはありませんが、この凍結状態を何年も放っておけば、最終的にはすべて没収されてしまいます。

 

これはあまり知られていないことですが、銀行に預けているお金の請求権には「時効」があります。法律で決められた一定期間にわたって引き出しを求めなければ、没収されても法的には文句を言えないわけです。日本の銀行では、よほどのことがない限り時効を適用することがありませんが、香港の銀行はこの点、非常にドライだと考えるべきでしょう。

 

もちろん、口座凍結等の措置が行われる場合には、HSBCから事前に文書やメールで警告がきます。しかし、その記述はすべて英語および中国語であり、ついつい見逃してしまう人も多いはず。それだけに、この口座凍結という措置が存在することについては、HSBCを利用する限り、常にどこかで意識しておきたいところです。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載初心者のための海外投資入門

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest