海外活用 海外口座 香港
連載初心者のための海外投資入門【第7回】

香港で口座開設――銀行選びのポイントとは?

HSBCPLUS

香港で口座開設――銀行選びのポイントとは?

本格的な海外投資のために欠かせないのが、現地の銀行での口座開設。では実際に香港で口座を開こうと思った場合、どの銀行で開設すればいいのでしょうか。今回は銀行を選ぶときのポイントをお伝えいたします。

「日本人利用者の多い」銀行を選ぶのが王道

日本国内にも数多くの銀行があるように、香港やシンガポールにも多数の銀行があります。今回は、例えば香港で銀行口座を開設すると決めた場合に、いったいどんな基準で銀行を選べばよいのか、基本的な考え方を見てみましょう。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

まず(香港サイドから見れば)外国人の口座開設を認めている銀行でなければ話になりません。近年では、香港の銀行も日本の税務当局等に情報を提供しているという噂があり、それに過敏に反応するあまり、現地でもローカル色の強い銀行で口座開設を希望する人が出てきています。ただ、こうしたローカル銀行の中には、外国人の口座開設を拒否したり、消極的な対応をするところもあるようです。極端なローカル銀行の場合には、仮に口座を開設できたとしても、その後のサポートなどで不安な点も多く、よほど語学に自信があるという場合以外には避けたほうがよいでしょう。

 

次に、インターネットバンキングが使いやすいということがポイントです。口座を開設した後は、簡単に店舗に足を運ぶことができない以上、インターネットバンキングの利便性は、銀行選びにあたって最も重視すべき点といえるでしょう。ただ、香港の有名銀行であれば、どこもインターネットバンキングには力を入れており、その使いやすさに実はそれほど大きな差はありません。

 

むしろポイントとなるのは、使い方などのマニュアルがどれだけ市場に出回っているか、ということになるでしょう。インターネットバンキング上の表示は、基本的に英語か中国語になりますので、語学に自信のない人の場合には、どうしても「マニュアル頼り」になってしまうのが実情です。

 

日本人の利用が多いHSBC(香港上海銀行)などであれば、さまざまな会社が利用マニュアルを作成していますので、送金などで利用するにしろ、投資口座として活用するにしろ、使い方で困ることは少ないといえます。また、インターネットバンキングの利用にあたっては、ちょっとした理由でログインできなくなるなど、思わぬトラブルに見舞われるケースが少なくありません。HSBCのように日本人利用者が多い銀行であれば、その解決策などを探すことも比較的容易といえます。やはり初めて口座を開設するのであれば、こうした銀行を選択するのが無難といえるでしょう。

日本のATMで現金が引き出せる銀行を選ぶべき

もう一つポイントになるのが、キャッシュカードの利便性です。日本の銀行の場合、キャッシュカードは基本的に日本のATMでしか使えません。しかし、国際金融都市・香港の銀行では、ATMの世界的なネットワークである「PLUS」や「EPS」などに加盟しているケースが多く(例えば、HSBCは「PLUS」に加盟)、香港以外の地域でも「PLUS」「EPS」などに対応しているATMであれば現金の引き出しなどを行うことができます。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

日本のATMでも、例えば、ゆうちょ銀行やセブン銀行のATMは「PLUS」に対応しており、HSBCのキャッシュカードを使って現金を引き出すことができるわけです。現金の入金などはできないものの、引き出しができるというのは非常に便利であり、こうした要素も見逃したくはないものです。

 

なお、最近ではNWB(Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank)という新銀行も登場していますので、その利用を検討することも選択肢のひとつに入れたいところです。

 

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載初心者のための海外投資入門

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest