中国内に拠点を持っていない外国企業の口座開設

今回は、中国内に拠点を持っていない外国企業の口座開設について見ていきます。※本連載では、中国ビジネスコンサルタントで、Mizuno Consultancy Holdings Limited代表取締役社長・水野真澄氏の著書『中国・外貨管理マニュアルQ&A』(株式会社チェイス・チャイナ)から一部を抜粋し、中国でのビジネスを考える方々に向けて、Q&A方式で銀行口座開設のポイントなどを解説します。

明確に区別されている「非居住者口座」と「居住者口座」

Question 外国企業の中国内口座開設

­中国内に拠点を持っていない外国企業が、中国内に口座を開設することはできますか。

­

 

Answer

­・外国企業が中国内に外貨口座、人民元口座を開くことが認められています。口座開設に外貨管理局の許可は不要で、銀行における審査のみで開設ができます。

 

・非居住者口座は居住者口座とは明確に区別され、居住者口座との振替えは外国決済に準じた審査が行われます。また、現金の引出し、預入れが禁止されるなど、制限の多い口座といえます。

 

1.外貨口座

­外国企業が中国内に外貨口座を開設することは、「国外機構の国内外貨口座管理に関する問題についての通知(匯綜発[2009]29号)」により認められています。

 

口座開設の条件、手続は以下の通りです。

­

(1)口座の開設

「当該企業が(外国において)合法的に設立されたことを示す資料」を銀行に提出することで、口座開設が認められます。

 

口座開設に外貨管理局の許可は不要であり、銀行における審査のみで開設が認められます。

 

(2)口座の特徴

開設された外貨口座は非居住者口座として管理され、当該口座と居住者口座間の決済は、外国決済に準じて扱われます。また、当該口座に対する支払いについては、関係資料の提示が義務づけられます。

 

(3)口座の制限

口座の外貨は、原則として(所管の外貨管理局の許可を取得しない限り)人民元への換金が禁止されます。また、外貨現金の入出金も禁止されています。

外国口座扱いで制限の多い「非居住者口座」の特徴

2.人民元口座

「国外機構の人民元銀行決済口座管理弁法(銀発[2010]249号)」、「国外機構の人民元決済口座の開設と使用に関する問題の通知(銀発[2012]183号)」により、非居住者の人民元口座の開設が認められています。

 

(1)口座の開設

当該企業が(外国において)合法的に設立されたことを示す資料を銀行に提出することで、口座開設が認められます。銀行は口座開設後に、関係資料を所管の人民銀行に提出する必要があります。

 

(2)口座の特徴

開設された口座は、非居住者口座として居住者口座とは別に管理され、非居住者口座と居住者口座間の振替えは、外国決済に準じて扱われます。現金の引出し、預入れが禁止されることは非居住者外貨口座と同様ですが、口座内の人民元の外貨への換金は認められます(銀発[2012]183号)。なお、非居住者口座は普通預金口座であり、複数の口座開設が認められます(基本口座1口座、複数の一般口座・専用口座)。

 

(3)口座の制限

口座への入出金が可能な内容は、以下の通り規定されています。

 

➢貨物代金、役務費(経常項目)に関するクロスボーダー人民元決済資金

­

➢法律により受払いが認められる資本項目

­

➢金利、銀行費用

­

➢クロスボーダー人民元融資の入金、返済

­

➢同一名義、もしくは、その他の国外機関の中国内人民元決済口座から受領する収入

 

(4)振替手続

外国への支払い、及び、他の非居住者人民元口座に対する支払いの場合は、別途の規定があるものを除き、銀行は外国企業(非居住者口座の名義人)の支払指図にもとづき、直接送金、振替手続を行うことが認められます。一方、非居住者口座から居住者口座への振替えについては、クロスボーダー人民元決済の手続にもとづいて、手続を行う必要があります。

 

(5)担保権の設定

中国内で借入れを行う場合、外国企業は当該口座を担保として使用することが認められます。

 

3.非居住者口座のメリット・デメリット

非居住者口座は、上記の通り外国口座扱いであるため、国内居住者口座との自由な振替えは認められませんし(口座振替の手続、審査は外国決済と同様となる)、現金の出し入れが禁止されるなど、制限の多い口座です。また、年度報告時には口座所有企業の代表者の身分証明書の提示が求められることがあるなど、口座維持の手間もかかります。

 

このようにデメリットが多いともいえる非居住者口座ですが、メリットとしては、国内振替であれば手数料が安いことが挙げられます。つまり、国内居住者口座との振替えは、審査は外国決済に準じますが、振替手数料はあくまでも国内口座振替手数料が適用されますので、使用頻度が多い場合は手数料削減のメリットを享受できます。

 

[関連法規]

­日本語:国外機構の国内外貨口座管理に関する問題についての通知(匯綜発[2009]29号)

中国語:关于境外机构境内外汇账户管理有关问题的通知,(汇总发[2009]29号)

 

日本語:国外機構の人民元銀行決済口座管理弁法(銀発[2010]249号)

中国語:境外机构人民币银行结算账户管理办法(银发[2010]249号)

 

日本語:国外機構の人民元決済口座の開設と使用に関する問題の通知(銀発[2012]183号)

中国語:关于境外机构人民币银行结算账户开立和使用有关问题的通知(银发[2012]183号

「海外口座」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「中国」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中国でのビジネス実務入門~銀行口座の開き方

Mizuno Consultancy Holdings Limited. 代表取締役社長

1963年生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業後、丸紅入社。本社財経部門、丸紅香港華南有限公司(経理部長・コンサルティング部長)、丸紅廈門貿易有限公司(社長)、丸紅深圳貿易有限公司(董事)、 丸紅広州貿易有限公司(管理部門長)、丸紅出資コンサルティング会社(社長)を経て2008年に退職。同年、Mizuno Consultancy Holdings Ltd(水野諮詢集団有限公司)を香港に設立し、現在は、香港、上海、広州、深圳、ベトナム、日本にも拠点を持つ。中国・アジアでビジネス展開を行う日本企業に対するコンサルティング業務を推進する他、新聞や雑誌等の執筆、TV出演などの活動を行なっている。広州市投資促進局シンクタンクメンバー(広州市投資促進局専家庫専家)、肇慶市顧問、 香港貿易発展局、横浜市(IDEC)、中小企業基盤整備機構などのアドバイザーを兼務。また、上海総合保税区(現自由貿易試験区)の2009年優秀パートナーに選出される。

Mizuno Consultancy Holdings Limited  https://www.mizuno-ch.com/

コンサルティングに関するお問い合わせ info@mizuno-ch.com

著者紹介

中国・外貨管理マニュアルQ&A[2016改訂版]

中国・外貨管理マニュアルQ&A[2016改訂版]

水野 真澄

株式会社チェイス・チャイナ

2013年夏の前作発売から2016年現在までの、めまぐるしい中国外貨管理制度の変更をすべてキャッチアップした、3年ぶりの全面改訂版。好評のQ&A方式を踏襲し、複雑な中国の外貨管理(全100問)を一問一答で分かりやすく解説。また…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧