ついつい買い物をしてしまう・・・「消費行動」を抑える方法

前回は、「お金の貸し借り」について、その是非を探りました。今回は、「消費行動」を抑える方法を紹介します。

「ペット」を飼うことで消費行動が減少!?

さて、ここからは「消費行動を抑える方法」について少しお話ししておきます。〝消費行動は孤独感からくる〟といわれています。

 

アメリカのニューハンプシャー大学とイェール大学が共同で行った研究では、愛に飢えている人ほど物欲が強い、という研究結果が出ています。つまり、愛が十分に足りず寂しがり屋の女性ほど、つい買い物をしてしまう傾向があるのです。

 

とはいえ、すぐにパートナーを見つけるのは難しいものでしょう。そこでオススメしたいのがペットを飼うことです。

 

私の知り合いの女性は、ペットとして猫を飼い始めてから、買い物をする機会が減ったと言います。「会社帰りにデパートやショッピングセンターによって買い物をしなくなった」そうです。

 

家にペットがいると、早く帰宅したいと思ったり、あるいは、エサをあげなければいけないという義務感から、寄り道が減ったというのです。

 

お金を使い過ぎだと思ったら、犬や猫に限らずに、金魚やハムスターなどのペットを飼ってみるのもいいかもしれません。

 

また、なぜ自分はお金を使いたいのか、根本的に自分の心を見つめてみるといいでしょう。ただ、お金を使うことが楽しくて使っているのかもしれません。一度立ち止まって、「本当にお金を使うことは楽しいの?」と自分に問いかけてみるのも、消費行動から抜け出すきっかけになるかもしれません。

ネットで買い物をしたら「クッキー情報」を削除

インターネット上のショップなどで買い物をしたり、閲覧したりすると、ほかのサイトを見ていても、そのショップの広告が入ってくることがあります。これは「リターゲティング広告」といわれる手法で、アクセスしたことがあるショップから追跡されてしまうのです。

 

一度は「欲しい」と思った商品が、再び目の前に現れると、ついその商品をもう一度見てしまい、買ってしまうこともありますが、それではショップの思うツボです。

 

対応策としては、クッキー情報を削除することで、追跡されないようにすることです。インターネット上に削除の方法などが詳しく紹介されていますので、しつこく広告が入ってくるような場合は、クッキー情報を削除することをオススメします。衝動買いをしてしまう傾向のある人は、特に気をつけましょう。

 

メール広告も同様です。届くとそのたびに削除している、という女性もいましたが、根本的な解決にはなりません。何かの拍子に無駄遣いをしてしまう可能性もあります。面倒でも、届かないように配信停止の設定をしておきましょう。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富女子を目指す人の「ガマンせずにお金を貯める」スキーム

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧