成功率90%!? 不動産業者への「家賃値下げ」交渉術

前回は、部屋を借りる際の「初期費用」を抑えて節約する方法を見ていきます。今回は、不動産業者に対して効果的な「家賃値下げ」の交渉術を見ていきます。

「ほかの物件」を引き合いに出しながら交渉を行う

今回は、ほぼ90%家賃が下がる不動産業者との交渉術を教えましょう。それは、予算を告げて、ほかの物件を引き合いに出しながら話を進めることです。

 

「予算は7万円です。A町の物件を見てきたら、御社の物件と同じくらいの間取りでちょうど7万円の家賃でした。御社の物件がとても気に入ったけれど、8万円はちょっと手が届かない。7万3000円なら決めようと思うのですが、何とか下げていただけないでしょうか?」と交渉するのです。

 

場所にもよるでしょうが、これだけでたいてい5000円くらいは下げてもらえると思います。敷金はあとで戻ってきますので無理に交渉しなくてもいいと思いますが、礼金や仲介手数料も値切ってみましょう。

 

現在は物件が余っていて、買い手市場です。だいたいは値切れると思います。私も50室ほどのマンションのオーナーですから、貸す側の気持ちがよくわかります。

 

20代の女性の場合、恥ずかしさもあり、なかなか「安くしてほしい」と交渉しづらいかもしれませんが、そこを頑張って言えば、家賃が安くなり、その分だけ貯金に回せるのです。ひと言、ふた言の交渉で何十万円も浮くことを考えれば、勇気を出して言ってみる価値は十分にあるでしょう。

大金が動く「引っ越し」は慎重に判断を

また、「お金がない」と嘆いている女性に多いのは、引っ越し貧乏になっている人です。これまで説明してきたように、引っ越しは本当に大きなお金が動きます。軽い気持ちで引っ越しをするのはやめましょう。

 

どうしても引っ越しをする必要があるのなら、できるだけ交渉をし、かつ長く住みたくなるような家を見つけましょう。住居費ほど高いものはありません。時間をかけて慎重に選ぶことを心がけましょう。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富女子を目指す人の「ガマンせずにお金を貯める」スキーム

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧