部屋を借りる際の「初期費用」を抑えて節約する方法

前回は、率先して節約すべきなのは、家賃などの「固定費」である理由を説明しました。今回は、部屋を借りる際の「初期費用」を抑えて節約する方法を見ていきます。

家賃と光熱費で給与の半分は飛んでいく!?

固定費の中でも、ぜひ節約してほしいのは、「大きいお金」、つまり、住宅ローンや家賃などの住居費です。もし、賃貸住宅に住んでいるのであれば、借りるときに、必ず交渉して下げておくべきでしょう。

 

一人暮らしをしているセミナー受講生を見ていますと、東京の場合、20万円ほどの給料でだいたい7〜8万円のところに住んでいる人が多いようです。

 

東京は家賃が高く、シンガポール、ロンドン、ニューヨーク、香港に続いて世界で5番目に高いといわれます(アート・クラフト・サイエンス調べ)。光熱費を入れたら給料の半分くらいは飛んでしまうでしょう。

 

だから、節約するなら住宅費から攻めるべきなのです。賃貸の場合、節約は引っ越しするときから始まります。

敷金などの「初期費用」を抑える交渉を積極的に行う

まず、家賃よりも、どうすれば初期費用を安く済ませられるかを考えましょう。初期費用とは、敷金、礼金、仲介手数料のことです。それぞれどんな意味合いのお金なのか把握しておきましょう。

 

●敷金・・・家賃滞納の担保や、原状回復のための資金としての意味合いのもので、地域差や物件による違いもありますが、東京の場合、敷金は2カ月くらいといわれます。

 

●礼金・・・大家さんへのお礼。だいたい1カ月分程度が相場ですが、地域によって請求されない場合もあり、礼金ゼロという物件もあります。

 

●仲介手数料・・・不動産屋さんに支払う手数料。だいたい家賃の1カ月分です。

 

普通に払うと、敷金2カ月、礼金1カ月、手数料1カ月で、最初の家賃で初期費用が家賃の5カ月分ほど必要になる計算です。8万円の家賃だとすれば、40万円かかってしまうことになります。

 

最初に交渉して、もしこれを7万円にすることができれば、初期費用で5万円の節約になりますし、2年間住むとすれば、家賃としても24万円も節約できることになります。この額は1カ月分のボーナスをもらえたようなものです。

 

また、「敷金を1カ月分にしてほしい」などの初期費用の交渉もできます。節約したいと思うのであれば、「交渉」を恐れないようにしましょう。電話や口頭でやりとりするだけですので、それほど手間にはなりません。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富女子を目指す人の「ガマンせずにお金を貯める」スキーム

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧