富裕層が今、「アンティークコイン」を購入する理由

前回は、資産防衛の「奥の手」として人気が集まる、アンティークコイン投資の世界について簡単にご紹介しました。今回は、富裕層が今、「アンティークコイン」を購入する理由を見ていきます。

物事には「表」と「裏」が必ずある

本連載では、私が今まで海外、日本国内の富裕層から聞いてきた話を中心に、アンティークコインというものの背景を説明していきます。

 

 

資産防衛や資産運用に関する書籍を読むと、現在の金融不安、経済不安を赤裸々に明かし、危機感を煽って商売に繫げるという切り口が多数あります。アンティークコインも一方では「安全資産」としての要素を持っていますので、そのような事もいえますが、危機感を煽ることに主眼をおいた本は多数出版されていますので、そちらを読んでいただければと思います。

 

ただし、私が様々な人とお話をさせていただいた中で、やはり「日本」という安全安心な国にいる我々だからこそ、その裏で動いている事に対する危機感を感じない=茹で蛙であるということに、私自身、気づかされます。

 

物事には、表と裏が必ずあると言えます。まさしくコインの表と裏のように。そして、表に出ている情報は入手しつつも、今後起きるだろう事は、裏で起きている事を予想し、未来を予測するしかありません。そこには、人類の歴史が歩んできた過去から学ぶべきことが多数あります。そうした歴史、経済史といった情報は書物やネット等で得ることはできますが、コインの歴史は人類の経済史とも言えるべきものであります。

 

またそれらを熟知した世界中の富裕層との会話の中から見えるものは、裏を含めた本質です。そうした生の会話から得た情報を出しながら、アンティークコインとは何なのか? という説明をしていきたいと思います。

為替・株・税金に不安を覚えた富裕層は現物資産に

現在、アンティークコインを買われる方は大別して2通りいます。まずは「古銭ファン」の方。この方々は主に日本の古銭、切手、硬貨などに興味をお持ちのコレクターです。コレクターの場合は、純然たる趣味として集めていらっしゃる方が大半で、投資という側面はほぼありません。

 

一方、いま新たに急増しているのが、数億円から数十億円という資産を持つ「富裕層」の方々です。

 

ご承知の通り、マイナンバー制度の導入、海外資産の紐付け、相続税のアップなど、資産を持つ「富裕層」の方々にとっては資産保全が厳しい事態になっています。さらに2016年は資産の海外移転の実情が記されたパナマ文書が明るみに出ました。スイスのプライベートバンクも租税条約が変わり、情報開示が法律で義務付けられる状況となっています。私の会社とお付き合いのある国際税理士の作田陽介氏は、セミナーでこのように言っておられます。

 

「日本の国税はこの数年間、富裕層をターゲットとした特別チームを東京、名古屋、大阪に設置し、国内また海外を含めて個人の資産の徹底的な調査を実施。そしてこの2017年から“刈り取り”を実施する時期に入る」と。

 

また、「日本国内だけではなく、世界的な租税条約を含めた環境が大きく変わろうとしています。パナマ文書はその一例です。今まで見つかっていないから・・・隠せるだろう・・・なんていう甘い考えは今後は確実にNGです。国税を甘く見てはいけません! 取れる! と思ったら徹底的に取るというのが彼らのやり方です。そして一番怖いのは過去の分にさかのぼった追徴課税です。しっかりと節税と脱税の違いを理解して資産保全をなさってください」

 

そのような背景からでしょうか? この5〜10年の間に「富裕層」はアンティークコインに注目し、実際に売買をされる方が増えているのです。様々な環境の変化によって、「円」に対する不安、「株」に対する不安、「税」に対する不安から現物資産にシフトチェンジをされている方は多数いると思いますが、その流れの一環とも言えるかもしれません。

守りながら増やす・・・究極の資産運用術としても注目

なお、忘れてはいけないのは、税制が厳しくなるのは一般の所得層であっても同様だということ。一部の「富裕層」に独占させず、「積極的にアンティークコイン市場に参加したい!」という敏感な方も増えています。

 

消費税は2016年現在8%ですが、10%、15%という計画は目に見えています。そしてインフレに。今、100万円の価値は10年後はどうなるでしょうか? 仮に定期預金で預けておくと、良くても101万円程度です。10年で1万円。そして10年後の物価は確実に1%以上は高くなっています。ですから銀行に預けておくと、お金の「価値」は下がり、損をするという事です。

 

アンティークコインは数々の魅力を秘めながら、国産車ほどの価値のコインが1年程度で高級輸入車並みの価格にグレードアップするという点も決して見逃せません(もちろん全てのコインが、というわけではありませんが)。

 

 

まさに、「守りながら増やす」という究極の資産運用術としてにわかに注目を浴びているのがアンティークコイン投資なのです。なぜ富裕層がアンティークコインを支持しているのか? そこに秘められたロマン、そして実益とは? これらの点について、本書『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』でじっくり解説していきたいと思います。

本連載は、2016年11月20日刊行の書籍『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社ユニバーサルコインズ 代表取締役社長

1978年生まれ。芝浦工業大学建築学部卒業後、2001年、異色のビジネスモデルで話題のスポーツ用品会社、ゼビオ株式会社に就職。入社2年目で約100億円の予算を預かるシューズバイヤーに抜擢され、約10年間、マーケティングの最前線で活躍。その後海外統括部門にて、グローバルビジネスを実地で学ぶ。その後、1枚のフランス金貨との出会いがきっかけとなり、アンティークコインに魅せられ、2014年に株式会社ユニバーサルコインズを起業。アンティークコインの購入から売却に至るまで、顧客の資産形成を全面的にサポートしている。自身の人生を変えたアンティークコインの深遠な魅力を伝えるべく奮闘中。

著者紹介

連載加熱するアンティークコイン市場の最新事情

海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

西村 直樹

幻冬舎メディアコンサルティング

ギリシャ危機、イギリスのEU離脱・・・グローバル化した経済の中では、世界のどこかで何かが起これば金融相場の激しい変化に直結します。株も投資信託も不動産も、安心して保有できる資産ではなくなっています。 しかし、資…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧