事業の成功に不可欠な「セルフブランディング」とは?

今回は、事業の成功に不可欠な「セルフブランディング」について見ていきます。本連載は、オフィスと社員を持たない独自のビジネススタイルを提唱している高野勇樹氏の著書『30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる4つの仕組み』(合同フォレスト)の中から抜粋し、「独立して稼ぐ」ための方法を紹介します。

常に「第三者からどう思われたいか」を考える

前回お話ししたフラッグシップマーケティングとともに、もう1つ念頭に置いておきたいのがセルフブランディング。自己をブランド化する。この言葉を説明するのはたやすいことではないですが、要するに「第三者からどう思われたいか」を常に考えておくことです。

 

企業の観点でいえば、ブランディングできているところとそうでないところでは、利益の生み出し方に大きな違いが出ています。

 

ブランディングできていない企業は、自分から営業して広告を出さないと、仕事を獲得することはできません。一方、ブランディングできている企業は、営業や広告を大々的に打ち出さずとも、継続的にオファーを受けることができます。

 

たとえば、いまから160年も前、ルイ・ヴィトン(1821〜1892年)は旅行カバンを製造する事業からスタートし、いまもなおそのコンセプトをずらさず、頑丈で旅行に適した物づくりに軸を置いています。長きにわたって熟成したブランディングは多くの人たちの心をつかんで離しません。「旅行カバンを選ぶならまずヴィトン」という固定客を獲得することができているのです。

 

個人におけるセルフブランディングも、本質的な部分は同じです。

 

役者さんでたとえるなら、いつでも主役を張る華やかな人もいれば、その主役を引き立てる名脇役と呼ばれる人もいます。別に自分から「私は脇役に適しています」とアピールしたわけではありません。過去の累々と重ねた実績からブランディングされていき、自然と周りが「あの人は名脇役だ」と言うようになったのです。

 

ブランディングが完熟すると、「主役を引き立ててくれる脇役はいないか」「そうだ、名脇役といえばあの人がいるじゃないか」と、自分から動かずともオファーが来るようになる、というわけです。

ここだけは譲れないという「信念」をもとに行動

ビジネスを継続的に続けていきたいなら、まずは第三者にどう思われたいかのセルフブランディングを意識しておきましょう。

 

「何でもできます、任せてください!」だと、万能感を与えているように見えて、じつは薄い印象しか与えることができていません。

 

セルフブランディングとは、1つのこだわり。ここだけは譲れないぞ、という揺るぎない信念をもつこと。

 

「最低でも○万円からしか仕事を引き受けない」

「こういうコンセプトで仕事をしている」

「こういうところでしか食事をしない」

「金額では動かない」

 

そういったぶれない軸足を置いておくのです。

 

私のセルフブランディングは、「世界を旅しながらビジネスしている人」という印象を与えることからはじまりました。

 

海外で仕事をしたり余暇を満喫しているところを見せることで、自然と同じような人が集まり、「海外に精通しているから」「広い目をもっているから」「行動力がハンパないから」といったきっかけから、私を選んで仕事を依頼してくださる人が増えていきました。

 

フラッグシップマーケティングが自ら大々的に旗を振るようにしてアピールするのに対し、セルフブランディングは内に秘めておく信念です。相手に「そこはかとなく」伝わることがベスト。信念を相手に押し売りするようなことは、絶対しないようにしましょう。

本連載は、2016年6月10日刊行の書籍『30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる4つの仕組み』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載お金と時間にしばられないための独立開業術

Tonino Lamborghini Wine Japan
Tonino Lamborghini Clothing Japan 代表取締役副社長

仙台東高校英語科卒業後、國學院大学外国語文化学科へ入学。
英語とフランス語を専攻しながら、渋谷原宿のインポートブランド・VINTAGE 古着を取り扱うセレクトショップにて店長を勤める。その後、通信系・不動産の営業職を経験し22歳で起業。コミュニケーション術に関する情報商材の販売からスタートし、2012年にWeb制作会社を設立。オフィスと社員を持たない独自のビジネススタイルで、複数の事業を展開しながらも、国内海外を自由に飛び回るライフスタイルを実現。ビジネスは出来るだけスマホで持ち運びが出来るくらいコンパクトにして、フットワークを軽くするというビジネスのモバイル化思考を提唱。

リゾート会員券の販売事業・マーケティングコンサルティング事業・パーソナルスタイリング事業・アンティークコイン投資家として幅広く事業を手掛けながら、役員で入っている株式会社IDEA CREATIVEでは、Googleがスポンサーについているシリコンバレー発祥の起業家コミュニティーStartup GRAIND TOKYOの運営、イタリアに本社を構えるTonino Lamborghini Group の洋服や鞄、香水、サングラスなどの服飾品部門における日本で初の総合代理店として設立されたTonino Lamborghini Clothing Japanの代表取締役副社長を勤めている。又、2016年3月、Tonino Lamborghini Wine JapanとしてTonino Lamborghini Groupがプロデュースしているワインの日本総合代理店としても事業を開始する。

そして現在、新規事業として、資産を「増やす」「保全する」「継承する」をテーマに、日本一の宝石鑑定士と日本有形資産保全協会を立ち上げ、主に欧州のアンティークコイン(レアコイン)を始めとした有形資産で資産を保全していく啓蒙活動を開始する。

著者紹介

30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる 4つの仕組み

30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる 4つの仕組み

高野 勇樹

合同フォレスト

スマホに事業を詰め込み、世界を歩く。年商1億円を稼ぐ4つの仕組み教えます! 1つの働きには限界がある。労働収入だけでなく、権利収入を得て、収入の途絶えることがない人生を歩もう。自分に合った事業とその成功方法を知るた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧