投資の明暗を分ける!? 「マネー教育」の重要性

前回は、FXが「投資」ではなく「投機」と言われる理由について取り上げました。今回は、投資の明暗を分ける可能性もある、「マネー教育」の重要性を見ていきます。

正しい知識を持たないでする投資は、ただのギャンブル

ビットコインで話題になった暗号通貨(仮想通貨)の業界はこれから非常に活性化していくことが予想されます。おそらく、日本の大手金融機関だけでなく、世界中の金融の世界がこれから変わっていくという可能性がある業界です。

 

素晴らしいテクノロジーであることは間違いないですが、それに便乗して、多くの「投機的な暗号通貨」も生まれています。今の世の中には現時点でも、数千種類の暗号通貨が新たに生まれました。しかし実際は、そのほとんどのものが正しい暗号通貨ではないのが現実です。

 

暗号通貨の世界の話やブロックチェーンテクノロジーなどの話を始めるとあまりに専門的になりすぎてしまいますので、ここでの記述は控えますが、私が気にしているのはテクノロジーの発達というよりも、話題の暗号通貨という市場に便乗している投資話があまりにも多いということです。

 

どれが良いもので、どれが悪いものと一概には言えませんが、先ほど述べたように「明日、価値がゼロになる可能性がある」ものへの投資はそのリスクや仕組みをしっかりと理解したうえでやるべきであるということです。

 

来年、新たな取引所がオープンするから、今のうちに購入しておけばチャンスであるとか、あの有名な企業と提携する可能性があるのでこれから価格が上がるなど、いろいろ話題には事欠かないのは事実。しかし、忘れてはいけないのは通貨の価値が本当に上がっているのかどうかという点と、最終的に現金化が可能かどうかということです。

 

正直なところをお話しすると、投資側の世界で広がっていく暗号通貨は、本来の価値以上のものにされてしまうことが非常に多いです。それは結局、儲け話に群がる人が多く、それに便乗してさらに儲けようとしている人が増殖していくからです。

 

極端な話、今なら100円で買えるけれど、明日には200円になる可能性がある、来月には1000円になる可能性もあるという話が延々と続いていきます。

 

しかし、通貨の価値がその通りに上がっているかといえば、まったくデタラメな状態で、運営側が勝手に期待で煽っている場合や、便乗してビジネス化している人たちが必要以上のオーバートークによって多くの人を巻き込んでいるにすぎないのです。

 

このようなデタラメな方法で価格が上昇していった通貨の末路がどうなるかといえば、結局はまったく現金化することができなくなるか、取引所が本当にオープンしたところでその瞬間から価値が暴落して資産価値を致命的に損失してしまうということです。

 

暗号通貨の世界は、確かに可能性の大きな業界です。しかし、正しい知識を持って参加しないと、それはただのギャンブル(投機)ということになってしまいますので、興味のある人はぜひ勉強をしっかりとしてからにしたほうがいいでしょう。

「マネー教育」なしに、良い情報は見極められない

最近は各地で非常にリスクが高いにもかかわらず、なぜか多くの人が参入しているビジネスや投資の話が横行しています。以前と比べて、将来への不安が高まっている日本なので、そうなるのは必然だと思いますが、ここで「マネー教育」を受けていない社会での弱点が表れてしまっています。

 

良い情報を探している人は多いけれど、なぜか、良い情報の見極め方は先に勉強しない。結局、チャンスかもしれないものに出会ったとしても、それが本物なのかどうかを確認することができなければ、それはただのギャンブルと変わりません。

 

また、「人に必要とされているかどうか」「人に喜ばれるかどうか」という基本的なビジネスの考え方よりも、「これをやって儲かるかどうか」「簡単にできるかどうか」ということを優先されてしまうことが多いのも気になります。

 

そのため結局は失敗してしまう人が続出し、投資やビジネスの世界が必要以上にリスクが高いものであるというイメージばかりが先行してしまっているのは、非常に残念なことです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載豊かな人生を勝ち取るための思考~資産運用・保険編

NEXT GROUP 最高経営責任者

1987年生まれ、愛知県豊川市出身。
会社員時代、不況の煽りを受けて勤める会社が倒産するなど22歳までに3度の転職を経験。会社に依存し続ける人生に疑問を持ち、24歳の頃、サラリーマンとして働きながら自分自身で将来や今の生活を豊かにすべく、まったくのゼロから資産形成を開始。わずか18カ月後、2億5000万円以上の資産構築に成功する。
現在は資産形成アドバイザーとして日本中で年間50以上の講演をこなす人気講師として活動する傍ら、法人向けの経営コンサルティングや日本最大規模のシェアアビリティスペースの運営、電力会社や省エネ商品のメーカー、ブライダル事業や洋菓子店の経営など幅広く活動。バングラデシュではドラッグストアの運営、インドネシアでは日本語学校や農園の運営からリゾート開発など、29歳にして4つの会社の代表と7つの会社の役員を務める。
2016年6月には、取締役を務めるインドネシアにあるバイオマス事業の会社を上海市場に上場することに成功し、政府とともに環境保護活動などにも取り組む。

著者紹介

豊かな人生を勝ち取る30の思考

豊かな人生を勝ち取る30の思考

中邨 宏季

幻冬舎メディアコンサルティング

現在、多くのビジネスパーソンが将来のお金や仕事、人間関係の悩みを抱えていると思います。しかし、安易に「ノウハウ」に飛びつくのは危険です。 本書では、29歳の若さで年商10億円のグループ会社をつくりあげた著者が人生を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧