なぜ企業や自治体は「アイデアソン」に惹かれるのか?

今回は、なぜ企業や自治体は「アイデアソン」に惹かれるのか、その理由を探っていきましょう。※本連載は、コミュニティデザイナーとして活躍する須藤順氏と、エイチタス株式会社の代表取締役である原亮氏の共著、『アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、アイデアソンの概要と、アイデアソンを実際に取り入れたことで、企業にどのような好影響が表れたのかを紹介します。

「代わり映えしない会議を活性化させたい」

前回までは、アイデアソンがどのような人や組織に注目され、活用されてきたのかを、ハッカソンとの関連を中心に見てきた。

 

では、そうした人々がアイデアソンに惹かれているのは、どのような理由によるものか。以下に挙げるそれぞれの期待は、裏返すとアイデアソンが抱える課題にもつながるが、まずは期待のありかとして探ってみよう。

 

<“いつもの人”の“いつもの会議”から脱却したい>

 

アイデアソンを行う側には、場がオープンであることや、参加者の多様性があることへの期待がある。企業主催の場合、主催者が求めるのは、社外から集う参加者による独創的なアイデアだ。

 

社内のみでアイデアを出し合っても、お互いが同じ組織風土で、似たような視点を持っているため発想に限界を感じ、過去と代わり映えしない落としどころしか見出せない。そこに一般のクリエーターやユーザーにあたる人々を交えることで、社内だけでは見えなかった視点やアイデアを得ようとする。

 

また、メソッドで得られる効果もある。単に多様な人が集まって会議を行うだけでは、議論を重ねても結論を得られないことが予想される。アイデアソンでは、アイデアを出すさまざまなメソッドを用いるため、意外性のあるアイデアをスピーディかつ大量に得ることができる。

 

そうしたメソッドは日々進化しており、目的に合わせた組み立てを自由に行うことができるのも、アイデアソンが持つ魅力の1つだ。

 

短時間で大量のアイデアを生み出すメリットは大きい

アイデアソンでは、多くの場合、参加者のアイデアが1枚1枚、シートにまとめられる。様式に従ったアイデアのスケッチが大量に出ることで、成果物を得られるという安心感がある。

 

数よりも中身が肝心であるという意見はあるものの、場に集まった人々が考えていることが、短時間である程度まで可視化されることの利点は大きい。

 

アイデアとは、実現させたい未来のスケッチである。玉石混淆のアウトプットの中から、実現に向けて具体的に検討できるものが見出せれば、そのアウトプットが次の共創の場へのバトンになる。

高知大学地域協働学部専任講師
博士(経営経済学)
社会福祉士 

専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論。医療ソーシャルワーカー従事後、医療関連施設の立ち上げ、福祉施設の経営コンサルティングに参画。その後、中間支援機関においてコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスのコンサルティング、コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー等を経て、現職。ビジネス・ブレークスルー大学非常勤講師、(独)中小企業基盤整備機構TIP*S人材支援アドバイザー等。アイデアソンファシリテーターのほか、ローカルイノベーション創出、起業家育成、地域づくり、コ・クリエーション創出に向けた実践とサポート、研究を全国各地で展開。

著者紹介

エイチタス株式会社 代表取締役

1974年生まれ。法政大学法学部政治学科卒。編集者・ライターを経てモバイル業界に転身。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」を立ち上げ。ITベンチャーでの経験を活かしながら、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「GlobalLabSENDAI」代表幹事。2016年エイチタス株式会社を設立。企業、自治体などあらゆる組織、テーマでの価値の探索のサポートを展開している。

著者紹介

連載アイデアを実現する最強の方法「アイデアソン」の基礎知識

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

須藤 順、原 亮

徳間書店

「アイデアソン」とは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語。大手企業や大学、地方自治体などで今話題のアイデア創出法で、facebookの「いいね!」機能を生んだと言われているハッカソンから、日本独自で進化をした…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧