商品開発、採用選考――様々な分野で活用されるアイデアソン

今回は、商品開発、採用選考など、様々な分野で活用されるアイデアソンの実例を見ていきます。※本連載は、コミュニティデザイナーとして活躍する須藤順氏と、エイチタス株式会社の代表取締役である原亮氏の共著、『アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、アイデアソンの概要と、アイデアソンを実際に取り入れたことで、企業にどのような好影響が表れたのかを紹介します。

資金獲得に至った、商品開発やプロジェクトの考案

<商品開発のアイデアソン>

 

企業開催のアイデアソンで、IT以外の分野のプロダクトの創出を目指すものが出てきている。モバイル端末向けのアクセサリブランド「cheero」は、2015年10月に「cheeroネクストプロダクトアイデアソン」を、大阪市で開催した。

 

同ブランドが掲げるコンセプト「生活をちょっと便利にするコモノ」の、新製品を生み出すためのアイデア出しを、一般の参加者を集めることで実施。優秀なアイデアは商品化に向けて、社内で検討が進んでいる。

 

東京では、クリエーター向けのコ・ワーキングスペース「co-lab墨田亀沢」で、「墨田みやげ開発! アイデアソン」が開催され、地場で活用できる印刷技術や紙素材を使った土産物の商品アイデアを、co-labの常連たちが出し合った。こちらも優秀案の商品開発の検討が進められた。

 

両者とも、場に出入りする人々や一般の参加者など、生産者以外のメンバーが集まっている点、小物のプロダクトを対象にしている点、商品化する前提でその後の検討に進んでいる点、アイデア出しの手法にアイデアソンを用いている点が共通する。

 

<プロジェクトづくりのアイデアソン>

 

実現手段ありきでアイデア出しを試みる動きもある。商品開発や出版、映画製作などのプロジェクトなどを実現するために、インターネットを通じて、不特定多数の人々から資金や協力を募る「クラウドファンディング」という手法が、国内でも徐々に一般的になってきている。

 

国内のクラウドファンディングサービスの大手「Makuake」(運営:株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング)は、全国各地で、「Makuake」の活用を前提としたプロジェクト案を考えるアイデアソンを、セミナーとの併催で実施してきた。

 

各地で参加した人々は、自分がもともと手掛けていた活動を、アイデアソンでMakuakeの活用案としてブラッシュアップし、後日、実際に「Makuake」へエントリーし、支持者や資金の獲得に成功している。

従来の採用方法では見つけられない人材の発掘にも活用

<人づくりのアイデアソン>

 

アイデア出しのトレーニングとして、アイデアソンを行うケースも出ている。中小企業基盤整備機構が運営している共創空間「TIP*S」では、アイデアソンを不定期で継続開催し、TIP*Sに出入りする人々が多数参加している。ここでは導入編や実践編など、テーマや時間の長さも多様なメニューをそろえている。

 

これらのアイデアソンを体験することで、自らの仕事の領域にアイデアソンを活用する人が複数現れ始め、アイデアソン経験者が増えることで、中小企業による共創の場づくりが拡大する事例になりつつある。

 

<選考手段としてのハッカソン、アイデアソン>

 

日本大学文理学部情報科学科は、2017年度のAO入試でハッカソンを導入することを発表した。受験生がキャンパスで2日間かけて、集中的にソフトウェア開発に取り組むというものだ。

 

企業の新卒採用でも、発想力、想像力、コミュニケーション力などを把握する目的でアイデアソンを取り入れるケースが増えている。従来の採用方法では見つけられない人材の発掘方法として、ハッカソンやアイデアソンは今後も広がりを見せるだろう。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載アイデアを実現する最強の方法「アイデアソン」の基礎知識

高知大学地域協働学部専任講師
博士(経営経済学)
社会福祉士 

専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論。医療ソーシャルワーカー従事後、医療関連施設の立ち上げ、福祉施設の経営コンサルティングに参画。その後、中間支援機関においてコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスのコンサルティング、コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー等を経て、現職。ビジネス・ブレークスルー大学非常勤講師、(独)中小企業基盤整備機構TIP*S人材支援アドバイザー等。アイデアソンファシリテーターのほか、ローカルイノベーション創出、起業家育成、地域づくり、コ・クリエーション創出に向けた実践とサポート、研究を全国各地で展開。

著者紹介

エイチタス株式会社 代表取締役

1974年生まれ。法政大学法学部政治学科卒。編集者・ライターを経てモバイル業界に転身。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」を立ち上げ。ITベンチャーでの経験を活かしながら、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「GlobalLabSENDAI」代表幹事。2016年エイチタス株式会社を設立。企業、自治体などあらゆる組織、テーマでの価値の探索のサポートを展開している。

著者紹介

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

須藤 順、原 亮

徳間書店

「アイデアソン」とは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語。大手企業や大学、地方自治体などで今話題のアイデア創出法で、facebookの「いいね!」機能を生んだと言われているハッカソンから、日本独自で進化をした…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧