トラブルを防ぐ効果は遺言書以上!? 遺産分割協議書案の活用

前回は、隠しごとを抱えるオーナー社長の相続対策について説明をしました。今回は、相続トラブルを防ぐ「遺産分割協議書案」の活用について見ていきます。

相続人の要望を踏まえた遺産分割の方法を示す

本連載で紹介してきた通り、隠しごとが露呈する場合の多くは、トラブルの発生が原因です。各種の訴訟はもちろん、税務調査などにより相続がスムーズにいかないと、事態を明らかにしようとする動きが始まり、隠されていた事実が見つかってしまうのです。ですから隠しごとを露呈させないためには、「円滑な相続」こそ一番大きなカギと言えるのです。

 

そこでおすすめなのが、遺産の分割方法を記した「遺産分割協議書案」を社長の生前に作成することです。相続人の要望を聞きながら、いろいろな配慮を盛り込んだものを作り、子供たちなど相続人全員の承認をもらっておけば、トラブルを防ぐ効果は遺言書以上です。

 

また、自分の一方的な決定で作成できる遺言書に比べて、自分が亡くなった後の協議書作成にかかる相続人同士の調整とそのトラブル処理がどれだけ大変かがわかるでしょう。そして、相続人の方々が抱いている自分への想いや、彼らに対する自分の想いも改めて知ることができるのです。

法的な効力はないが、秘密の拡散を防ぐことは可能

ただし、法的に絶対的な効力がある遺言書に対して、生前に作成した「遺産分割協議書案」には法的効力があるとは言えず、万全ではありません。相続の開始までに相続人が変わってしまったり、相続人の誰かが「手続きに納得できない部分がある」と主張したり、実印を変更したりすれば無効になるかもしれないのです。

 

とはいえ、相続人全員が納得できるものを前もって作っておけば、万が一隠しごとがばれた時にも相応な協議を持つ場ができ、最悪の場合でも秘密が拡散するのを防ぐことができます。「遺言分割協議書案」を基にして遺言書を作っておくのもよいかもしれません。

本連載は、2015年10月27日刊行の書籍『妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

新月税理士法人 代表社員

平成17年3月税理士登録 平成23年5月新月税理士法人設立
お客様の人生に添ったタックスプランを設計するタックスデザイナー。争いになる前の相続人同士の関係に配慮した細やかな調整から事業承継および相続のための株価算定、納税猶予などの資産税対策を通じてオーダーメイドの生涯タックスプランをデザインする。

著者紹介

連載骨董品、高級腕時計——妻に内緒の「嗜好品」を持つ社長の相続対策

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

佐野 明彦

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな男性も妻や家族に隠し続けていることの一つや二つはあるものです。妻からの理解が得にくいと思って秘密にしている趣味、誰にも存在を教えていない預金口座や現金、借金、あるいは愛人や隠し子、さらには彼らが住んでいる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧