「オープンデータ」の活用に向けたアイデアソンの事例

今回は、「オープンデータ」の活用に向けたアイデアソンの事例を見ていきます。※本連載は、コミュニティデザイナーとして活躍する須藤順氏と、エイチタス株式会社の代表取締役である原亮氏の共著、『アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、アイデアソンの概要と、アイデアソンを実際に取り入れたことで、企業にどのような好影響が表れたのかを紹介します。

IT技術者などと協力し、社会問題解決ビジネスを考察

⑦オープンデータ活用

 

オープンデータの活用に向けたアイデア創出やサービス開発を目的に、自治体職員やIT技術者などが参加して行われるアイデアソン。

 

我が国では比較的早い時期からアイデアソンを取り入れてきた領域で、具体的には、オープンデータを活用したビジネスアイデアの創出に向けて、行政職員やプランナー、NPO、IT技術者が一緒になって、オープンデータを活用し、社会課題解決につながるビジネスアイデアを考えるといったものである。主催は主に行政やオープンデータ推進機関等が行い、公開で行われることが多い。

蓄積されたデータを活用し、新たなアイデアを創造

<事例>

●オープンデータ・アイデアソンin大阪

 

日時/2013年11月9日、主催/経産省・総務省、場所/グランフロント大阪(大阪府大阪市)

 

オープンデータを活用した新たなアイデア創出とビジネス創造を目指して開催された。7つの社会課題のテーマに分かれ、地域課題の発掘から解決策の検討を行い、その実現へ向けて必要となるデータ探索や、実現にあたっての課題が検討された。

 

●オープンデータ・ハッカソンinGifu

 

日時/2013年11月30日~12月1日、主催/岐阜県、場所/ドリームコア(岐阜県大垣市)

 

「水とIT」をテーマに、観光・防災・歴史(教育)の切り口からオープンデータを活用したアイデア創造を行い、アプリケーションのプロトタイピングを行った。技術者視点だけではなく、市民活動リーダーなどを巻き込み、地域の課題や良いところに注目し、それを活かしたアイデア創造を目指した。

 

アイデアソンの特徴は、多様な人が一緒にアイデアを目に見える形にし、何度も何度も対話やディスカッションを繰り返す中で新たな商品やサービスアイデアを生み出すところにある。1人では思いつかないようなアイデアを、他の参加者とのコミュニケーションを通じて具現化する場と言える。

 

新事業創造やスタートアップなど、多様な領域や主体から注目を集めており、全国各地に広がりを見せている。参加者が互いにアイデアを出し合い、想いや熱をぶつけ合いながらより良いアイデアへとブラッシュアップを続ける場は、アイデアソンの語源の通り、心地よい疲れと達成感を覚える場となるだろう。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載アイデアを実現する最強の方法「アイデアソン」の基礎知識

高知大学地域協働学部専任講師
博士(経営経済学)
社会福祉士 

専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論。医療ソーシャルワーカー従事後、医療関連施設の立ち上げ、福祉施設の経営コンサルティングに参画。その後、中間支援機関においてコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスのコンサルティング、コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー等を経て、現職。ビジネス・ブレークスルー大学非常勤講師、(独)中小企業基盤整備機構TIP*S人材支援アドバイザー等。アイデアソンファシリテーターのほか、ローカルイノベーション創出、起業家育成、地域づくり、コ・クリエーション創出に向けた実践とサポート、研究を全国各地で展開。

著者紹介

エイチタス株式会社 代表取締役

1974年生まれ。法政大学法学部政治学科卒。編集者・ライターを経てモバイル業界に転身。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」を立ち上げ。ITベンチャーでの経験を活かしながら、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「GlobalLabSENDAI」代表幹事。2016年エイチタス株式会社を設立。企業、自治体などあらゆる組織、テーマでの価値の探索のサポートを展開している。

著者紹介

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

須藤 順、原 亮

徳間書店

「アイデアソン」とは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語。大手企業や大学、地方自治体などで今話題のアイデア創出法で、facebookの「いいね!」機能を生んだと言われているハッカソンから、日本独自で進化をした…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧