家族葬・直葬、樹木葬・散骨…さまざまな「葬儀」のスタイル

今回は、家族葬や樹木葬などさまざまな「葬儀」のスタイルについて見ていきます。本連載は、行政書士の廣末志野氏、特定社会保険労務士の田口乙代氏、税理士の佐伯茂樹氏の共著、『さあ大変!どうする?身内が亡くなったあとの始末』(北辰堂出版)の中から一部を抜粋し、身内の死亡時に何をすればいいのか、具体的な対応策をご紹介します。

家族葬の際は、参列者以外へのお知らせに配慮

■「家族葬」でいう家族の範囲

最近では、一般的な通夜・葬儀・告別式ではなく、「故人の遺志により家族葬、密葬、直葬(通夜・葬儀・告別式を行わず、火葬のみ行う)」という方法を選ぶ方も増えています。

 

家族葬について、一般の方に話を聞くと、ふつう「家族だけによる葬儀」という答えが返ってきます。では、「家族」の範囲は、どこまででしょうか。故人の兄弟姉妹、甥姪、従姉妹は家族でしょうか。人により考え方が異なります。参列者10人くらいなどと人数で決めて、親しい友人なども含めるという考え方がいいかもしれません。

 

このように「家族の範囲」についての価値観は異なりますので、家族葬を行う場合は、家族葬を行うことを近隣、親族、関係者へあらかじめ伝え、ご理解をいただくことが肝心です。

 

■「家族葬・直葬」を選んだ場合の留意点

また、「家族葬で行いますので」と、参列をお断りする場合は、その旨の文章を用意しておきましょう。香典や供花・弔電を辞退する場合は、その旨も記載しておきます。

 

家族葬・直葬を選んだ場合は、参列者以外の方々へのお知らせ方法が非礼にならないように、特に配慮する必要があります。

樹木葬、散骨は後日「お墓参り」ができない点に注意

■樹木葬

樹木葬は、墓地として許可を得た場所(霊園)にて、遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法です。

 

霊園により、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるケースや、墓地の中央にシンボルツリーとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなど、さまざまな方法があります。

 

基本的な樹木葬の形式では、「シンボルツリー」と言われる木の周りに、遺骨を埋葬します。お名前を刻んだプレートや石碑などをシンボルの近くに添えるなどして弔われるケースもあります。

 

樹木葬は、これまでのお墓ではできなかった「自然へ還る」ことを体現できるのが大きな特徴といわれています。ただ問題点は、残されたご家族が、あまり「自分の家のお墓参り」といった感覚を持てなくなってしまうことです。

 

■散骨

また、遺骨を細かく砕いて、海に散骨する「海洋散骨」という選択肢も、「自然へ還る」ことを体現できますので、近年注目を集めています。

 

散骨に対応してくれる葬祭業者を探して依頼することになりますが、船でかなり外洋に出て散骨するのが通常ですので、乗船時間は例えば東京湾の場合、最低でも2時間程度かかります。外洋まで出るので、波も荒く、問題点としては、乗り物酔いしやすい遺族は、船酔いに注意が必要です。

 

こちらも樹木葬以上に、残された家族は、お墓参りの感覚を持てなくなってしまいます。

本連載は、2016年10月15日刊行の書籍『さあ大変!どうする?身内が亡くなったあとの始末』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載もしもの際に慌てない!身内が亡くなったときの対応策

行政書士 

神奈川県行政書士会所属。一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター神奈川県支部所属。
法政大学法学部卒業後、2004年 独立開業。
起業家支援、遺言書案・任意後見契約書案・相続関係説明図・遺産分割協議書の作成等をはじめ、成年後見と遺言に関するセミナー講師など成年後見制度の普及啓発活動を行っている。

著者紹介

特定社会保険労務士 

東京都社会保険労務士会所属。
東京農業大学農学部卒業。食品会社、IT企業に勤務した後社会保険労務士資格を取得。
労務管理の相談や労務に関する各種手続き・申請、就業規則の作成等の企業サポートのほか、一般の方に対する講演、相談などにも積極的に取り組んでいる。

著者紹介

税理士 

東京地方税理士会緑支部所属。ファイナンシャルプランナー。個人情報保護士。
明治大学商学部卒業。複数の税理士事務所勤務の後、独立。神奈川県の企業を中心に贈与・相続関連業務など幅広く税理士活動を行っている。

著者紹介

さあ大変!どうする? 身内が亡くなったあとの始末

さあ大変!どうする? 身内が亡くなったあとの始末

廣末 志野,田口 乙代,佐伯 茂樹

北辰堂出版

身内の死に直面したとき残された人はどうしたらいいか……。葬儀から遺言、相続、遺品の整理まで、分かりやすくその道のプロが教える便利な本!! 高齢化時代、手元に置きたい一冊。 【目次】 第1章 突然のお別れ……やらなけ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧