老若男女を問わず増えている「薄毛で悩む人」

多くの人が抱える「薄毛」という悩み。そんな悩みに付け込む薄毛ビジネスの問題点から、発毛のメカニズムの基本と、薄毛になってしまう原因について、毛髪医療の第一線で活躍している医師が徹底的に解説をします。

薄毛は中高年の男性だけの悩みではない

現在、日本では薄毛に悩む人が増えています。

薄毛というと男性の問題と思われがちですが、最近では薄毛に悩む女性も決して少なくありません。

 

さらに、薄毛の悩みは年齢も問いません。中高年はもちろんのこと、この頃は20~30代など若い年齢層でも薄毛を自覚する人が増加しているようです。実際、私のクリニックにも、若い相談者の方の来院が増えています。

 

また、薄毛に悩む方々の多くが誰にも相談できず、密かに、孤独に、進行する薄毛におびえているのも事実であり問題です。深刻な悩みと向き合っているだけでも辛いというのに、それを誰にも言えずに一人で抱え込むのは、あまりにも苦しいことです。しかしながら、薄毛の悩みはそれほどにデリケート。なかなか人に言いづらい問題であるということです。

 

人が自分の薄毛に気づく瞬間はさまざまです。しかし、特に、鏡に映った自分を見たときや、シャンプーをしたときなどに「ハッとした」「ギョッとした」ということが多いようです。普段人は自分自身をだいたい同じ角度でしか見ないことも多いうえ、薄毛に何となく気づきながらも見ないふりをしているせいもあるかもしれません。それがある日、ある瞬間、頭部の現実を目の当たりにし、愕然とすることが少なくないのです。

「抜け毛=薄毛のサイン」とは限らない

ただし、このとき一つ、注意していただきたいことがあります。

それは「お風呂場の排水溝の抜け毛を見て、その多さに薄毛が心配になった」という場合です。なぜなら、実はこれが、ある“落とし穴”になることが多いからです。

 

薄毛に関する宣伝広告などでは、よく「排水溝の抜け毛」が薄毛の危険信号であるかのように喧伝されているようです。それをたびたび聞くことで「排水溝の抜け毛=薄毛のサイン」とすり込まれてしまっていることが多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、抜け毛は自然で、当たり前のことです。決して異常なことではありません。決して“抜け毛”の延長線上に“薄毛”があるわけではないのです。

本連載は、2016年9月9日刊行の書籍『薄毛 「自毛主義」のすすめ』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「薄毛難民」にならないためのAGA基礎講座

医学博士
親和クリニック総院長
医療法人社団 三幸音和会理事長 

大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約10数年従事したのち、植毛手術を開始。最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1000例超、その後もっぱらFUE手術を行う。FUE手術の症例数は約2000例に上る。
平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。その後、FUE法をさらに進化させた「MIRAI法」(Minimum Invasive and Rapid Improve)による[最小の傷・痛み][最速の植毛技術][最適なスタイル実現]の自毛植毛手術を確立。従来の常識を覆す短時間での大量移植「ハイスピードメガセッション」や従来の3~4倍の高密度移植「スーパーデンスパッキング」は他の追随を許さない。
その後さらに技術を進化させ、採取部分を刈上げない術式“誰にも気づかれない自毛植毛法”「NC<ナチュラルカバーリング>- MIRAI法」を確立。その圧倒的な技術力は国内外の毛髪医療関係者から熱烈な支持を集めている。

著者紹介

薄毛革命 「自毛主義」のすすめ

薄毛革命 「自毛主義」のすすめ

音田 正光

幻冬舎メディアコンサルティング

髪が抜けて少なくなる、頭頂部が薄くなる――これは男性にとって古今東西、永遠のテーマといえる苦しみであり、さらに昨今は女性にも薄毛の悩みを抱える人が増えています。 本書では、さまざまな治療法を試しては失望してきた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧