保有物件の照明のLED化で得られる、経費節減以外の効果

今回は、保有物件の照明のLED化で得られる、経費節減以外の効果について見ていきます。本連載は、不動産投資コンサルタントである桜木大洋氏の著書、『自己資金0円からはじめる不動産投資』(青月社)の中から一部を抜粋し、自己資金ゼロからアパートを取得した経緯から、資産8億円を得るまでに至った不動産投資の成功事例をお伝えします。

寿命が長いLEDは「交換」の手間を節約できる

電気料金を削減するもう一つの施策は、照明をLEDに換えることです。

 

LEDは従来の電灯よりも何倍もの寿命があります。環境によっても異なりますが、大体10年は交換しなくて済みます。電球を交換する手間賃も考慮に入れると、単に電気料金だけではない節約効果が見込めます。

 

私の物件のシミュレーション例

 

A棟

電気料金………16万7534円→5万0168円

 

ランプ交換……2万0530円→0円

 

合計……………18万8064円→5万0168円

 

年間削減額……13万7896円

 

B棟

電気料金………17万2886円→10万2295円

 

ランプ交換……1万1940円→0円

 

合計……………18万4826円→10万2295円

 

年間削減額……8万2531円

 

2棟合計すると22万0427円の料金節約になります。LEDの導入費用を考慮すると、大体5〜6年で回収できる計算です。お気付きのようにA棟とB棟では、従来の電気料金はさほど変わりません。ですが節減効果はA棟の方が大きくなっています。

 

それは電球のタイプや個数によっても変わってくるからです。そう考えると、やはり個々の物件での判断が必要でしょう。

物件のバリューアップへの取り組みは入居者にも好印象

さらに、LEDは電力量削減だけでなく、二酸化炭素の排出削減効果もあり、見た目にも美しいデザインのものが多いです。オーナーとして物件のバリューアップに取り組んでいる姿勢を入居者にアピールすることもできます。

 

仮に物件を売却する際にも、LEDを導入済みであることは好印象に受け止められます。

本連載は、2016年2月8日刊行の書籍『自己資金0円からはじめる不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自己資金ゼロから資産8億円! 不動産投資の成功事例

不動産投資コンサルタント 

すべてを数値化する不動産投資コンサルタント。

1966年 東京・深川生まれ。千葉県浦安市在住。
メーカーに勤務しながら、2009年に新築木造アパートを所得するが、手元に残るお金が年間20万円にしかならず、負債を背負っただけとわかり愕然とする。娘の留学費用が足りないために本格的な不動産投資をスタートする。2012年よりマンション1棟を購入してから、わずか4年間で、「貯金ゼロ、資産ゼロ」で始めて一切手元のお金を使わず、総資産が12億円、家賃収入は1億1,500万円、年間キャッシュフロー2,800万円を築く。
2016年春に、27年間勤めた会社を退職し、不動産コンサルタントとしてスタートする。

「正しい不動産投資を世の中に広げて、家族のために働くお父さんを幸せにする」ために、初心者のための不動産投資アドバイスをはじめ、各地でセミナー開催する。
買うべきかどうかの判断は、物件を数値化、明確な判断基準を提示することで、あいまいさを排除したコンサルが人気。
著書の『自己資金0円からはじめる不動産投資』(青月社)は、日経新聞に取り上げられ、テレビ出演するなどで話題を呼ぶ。

著者紹介

自己資金0円からはじめる 不動産投資

自己資金0円からはじめる 不動産投資

桜木 大洋

青月社

普通のサラリーマンから“自己資金0円"で資産8億円、家賃年収7500万円を稼ぐ著者の「物件の選び方」「数字の読み方」「融資交渉の秘訣」「行動の原則」など、サラリーマン「だから」できる不動産投資の真髄がすべて書かれてい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧