「地域活性化」をテーマに各地で開催されたアイデアソン

今回は「地域活性化」をテーマに各地で開催されたアイデアソンについてお伝えをします。※本連載は、コミュニティデザイナーとして活躍する須藤順氏と、エイチタス株式会社の代表取締役である原亮氏の共著、『アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、アイデアソンの概要と、アイデアソンを実際に取り入れたことで、企業にどのような好影響が表れたのかを紹介します。

アイデアソンで外国人観光客の集客イベントを検討

③地域活性化

 

地域活性化やまちづくり、地域課題の解決を目的として開催されるケースで、これまでワークショップと呼ばれていたものに比較的近い。

 

地域住民に加え、まちづくりやNPOのリーダー、コミュニティデザイナーやまちづくりプランナー、地域活動参加者や学生が参加し、地域ビジネスのアイデア創出や、地域活性化のためのイベントやプロジェクトのプラン作りを行う。

 

たとえば、地域活性化をテーマに、地域に外国人観光客を集客するためのイベントやサービス、ツアー企画を考えるといったものである。

 

主催は行政や公的支援機関、コミュニティ団体、NPO法人、中間支援機関、まちづくり団体、大学等が主となる。イベントは公開で行われることが一般的で、これまでの地域づくりワークショップに代わる形で実施され場合が多い。

約3カ月の期間をかけての長期イベントも開催

<事例>

●いなかソンin五城目─秋田の田舎で廃校ハック

 

日時/2013年11月9日~11月10日、主催/株式会社CCL、場所/五城目町地域活性化支援センター(秋田県南秋田郡五城目町)

 

廃校を活用したインキュベーション施設を会場に、現地の人々との交流を通じて、“地域の宝探し”や“田舎暮らし”をテーマとしたITサービスのアイデア創出を目指したアイデアソン/ハッカソン。2015年10月現在3回開催され、秋田県内はもちろん、全国から参加者が集まり、地域住民と一緒になった地域活性化のアイデアや新たなアプリ開発に取り組んでいる。

 

●ひらかれた町と働こう!ローカルと関わる新しい働き方

 

日時/2015年6月19日、主催/Google「イノベーション東北」、場所/六本木ヒルズ森タワー(東京都港区)

 

Googleが東日本大震災後に始めた「イノベーション東北」が進める新たな地域とのコラボレーションアイデアの創出に向けて開催されたアイデアソン。

 

宮城県女川町のNPO法人「アスヘノキボウ」と、島根県海士町の株式会社「巡の環」が、それぞれ今後取り組もうとしている提案を行い、参加者はその具現化に向けて、「自分でつくる女川ガイドブック」や「入国審査が必要!? 入国証で盛り上げる『海士ファン』コミュニティ」、「今年の勝手に『女川特区』~特区で盛り上げる女川との絆~」といったアイデアを創出した。

 

●仙台ミラソン2015

 

日時/2015年6月14日、主催/「未来仙台市」実行委員会、場所/仙台地下鉄東西線国際センター駅(宮城県仙台市)

 

学生を中心とする若者と市職員、IT技術者がチームとなって地域課題解決に向けた具体的な企画立案と実践を目指した。単発のイベントではなく、約3カ月の期間をかけて実施された。

 

●出身地Dayアイデアソン

 

日時/2013年9月1日、主催/日本財団CANPAN、場所/日本財団ビル会議室(東京都港区)

 

出身地や地元好きな人々、同郷の人たちの出会いと交流の場である「出身地Day」の特別企画として開催された。同じ都道府県出身者がグループになり、東京で自分の大切な出身地の活動やプロジェクトを考えた。

 

●伝統産業アイデアソン

 

日時/2016年3月7日、主催/高知大学地域協働学部コミュニティデザイン研究室場所/高知県産学官民連携センター(高知県高知市)

 

担い手不足や市場の縮小などの課題を抱える伝統産業の活性化を目指し、大学生を中心とした学生と、伝統産業従事者とが一緒に高知県の伝統産業の新たな魅力発掘のためのアイデアソンを開催。

 

高校生や大学生の視点から、高知県の伝統産業の持つ魅力を発信するためのツーリズムや、伝統産業に従事する人のドキュメンタリーの制作といったアイデアを創出した。

高知大学地域協働学部専任講師
博士(経営経済学)
社会福祉士 

専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論。医療ソーシャルワーカー従事後、医療関連施設の立ち上げ、福祉施設の経営コンサルティングに参画。その後、中間支援機関においてコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスのコンサルティング、コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー等を経て、現職。ビジネス・ブレークスルー大学非常勤講師、(独)中小企業基盤整備機構TIP*S人材支援アドバイザー等。アイデアソンファシリテーターのほか、ローカルイノベーション創出、起業家育成、地域づくり、コ・クリエーション創出に向けた実践とサポート、研究を全国各地で展開。

著者紹介

エイチタス株式会社 代表取締役

1974年生まれ。法政大学法学部政治学科卒。編集者・ライターを経てモバイル業界に転身。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」を立ち上げ。ITベンチャーでの経験を活かしながら、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「GlobalLabSENDAI」代表幹事。2016年エイチタス株式会社を設立。企業、自治体などあらゆる組織、テーマでの価値の探索のサポートを展開している。

著者紹介

連載アイデアを実現する最強の方法「アイデアソン」の基礎知識

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

須藤 順、原 亮

徳間書店

「アイデアソン」とは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語。大手企業や大学、地方自治体などで今話題のアイデア創出法で、facebookの「いいね!」機能を生んだと言われているハッカソンから、日本独自で進化をした…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧