ノベル版『女騎士、経理になる。』~第2章その④

幻冬舎コミックス運営のWEBマンガ雑誌「デンシバーズ」と幻冬舎ゴールドオンラインによる特別コラボ企画。デンシバーズの好評連載『女騎士、経理になる。』の原作小説で、2016年6月24日に発売された単行本『女騎士、経理になる。①鋳造された自由』のプロローグと第1章、第2章、第3章を無料公開します。今回は第2章「ガバメント・オブリゲーション」その④です。

▼翌朝、帝都

 

財務大臣「では、この金額の国債を引き受けていただくということでよろしいか」

 

頭取「わたくしども帝都銀行としても、臣民の責務は果たしたく存じます。よろこんでお金をお貸ししますよ」

 

財務大臣「感謝する」

頭取「ただし、その代わりに──」

 

財務大臣「うむ。任せておけ。精霊教会との取引には、あなたがたの銀行を仲介業者として推薦しよう」

 

頭取「大臣さま、お声が大きいのではありませんか?」

 

財務大臣「ふはは。あなたの銀行からいただくキックバックの金額を思えば、もっと大声で笑いたいぐらいだ」

 

頭取「フフフ……あなたという人は……悪いお方です。フフフ……。国債の金額について、文句を言う輩はいませんでしたか?」

 

財務大臣「近隣の街の銀行には、あまり無理な金額を吹っかけておらん。遠方の銀行は、どうせ嘆願の〆切に間に合わぬだろう。文句は出るまい」

 

頭取「大臣さまのお知恵には恐れ入るばかりです。では、仲介業者も?」

 

財務大臣「仲介業者に応募してくる銀行もないだろう。近隣の街の銀行には、どこも私の息がかかっているからな」

 

頭取「では──」

 

財務大臣「うむ。あなたの望みどおりだ。精霊教会からの仲介手数料を手にするのは、あなたがた帝都銀行になるはずだ」

 

頭取「フフフ……。楽しみにしております」

 

家臣「失礼いたします!」

 

財務大臣・頭取「「!?」」ビクッ

 

財務大臣「な、なんだ、お前だったか。驚かすでない……。今は大切な客人を迎えているのだぞ!」

 

家臣「おそれながら……火急の用件と判断し、ご報告にあがりました」
財務大臣「いったい何事だ?」

 

家臣「港町の銀行です」
頭取「港町の銀行というと、最近、妙な会計係を雇い入れたというウワサの?」

 

財務大臣「あなたも知っているのか?」

 

頭取「ええ。あの町にはわたくしどもの銀行の支店がございます。……目障りな商売敵ですよ。近いうちに、大臣さまのお力にすがろうかと考えておりました」

 

財務大臣「ほう」

 

家臣「港町の銀行の代理人を名乗る者が、先ほど帝都に到着したそうです」
財務大臣「何だと……?」

 

家臣「嘆願書を2通──。国債の購入額の変更と、精霊教会の仲介業者に応募する書類を携えていたとか」

 

頭取「大臣さま、これはいったい……?」

財務大臣「バカな、ありえん。間に合うはずがない!」

 

ガタッ

 

家臣「しかし──」
財務大臣「そ、そうだ! ニセモノではないか? 代理人の名を騙っているだけでは──」

 

頭取「おそれながら大臣さま、あの銀行は名のある公証人の家系です。サインや封蝋を偽造するのは難しいかと……」

 

家臣「おっしゃる通りです。代理人が総務府の窓口で見せた委任状には、一切の問題がなかったそうです」

 

財務大臣「では、提出した嘆願書はどこだ! 私のところに届けさせろ! 焼き捨てて、もみ消してやる!」

 

家臣「そ、それが……。内務大臣の手に渡ったとのこと。すでに国王陛下のもとに届けられているかと思われます」

 

財務大臣「何ぃ!?」
家臣「もはや、嘆願を受け付けざるをえないかと」

 

財務大臣「~~~~ッ!!」
家臣「何かしらの対策を打つべきかと存じますが……」

 

財務大臣「な、なぜだ……。絶対に間に合わないよう、日付を調整して手紙を送ったのに……」

 

ふらふら……ドサッ

 

頭取「大臣さま、ご無礼を承知でうかがいますが……仲介業者への推薦はどうなりますか?」

 

財務大臣「……」
頭取「大臣さま?」

 

家臣「もしやお気分が悪いのでは?」
財務大臣「ふ……ふふふ……」

 

頭取・家臣「「!」」

 

財務大臣「ふはははは! いいだろう、嘆願を聞いてやる。至急、国王陛下と代理人との謁見を手配しろ。代理人とやらがどんな顔をしているのか見届けてやる」

 

家臣「は!」

 

財務大臣「港町から帝都まで、わずか一晩で? 天を飛んだか、それとも山を切り裂いたのか。……ふふふ、面白いではないか」

 

ダンッ

 

財務大臣「あの幼き王に何ができる? この国を実際に動かしているのは、国庫の番人たる私だ。その私の計画に水を差すとは……」プルプル

 

頭取「……」
家臣「大臣さま……!!」

 

財務大臣「ふふふ、口が滑ったようだな。……今、私は何か言ったか?」
頭取・家臣「「な、何も聞いておりません!」」

 

財務大臣「よろしい、ならば下がれ。私は陛下のもとに行ってくる。代理人との謁見についてご忠告せねばならんからな」

 

頭取・家臣「「ははぁ~っ!」」

 

財務大臣「まったく……。陛下が内務大臣から余計な入れ知恵をされていなければいいのだが……」ブツブツ

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エンタメ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載特別コラボ特別企画――『デンシバーズ』発の異色人気ノベルを無料公開!

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

原作:Rootport,イラスト:こちも

幻冬舎コミックス

特殊スキル「簿記」を武器に世界を救え! twitter累計550万view! 話題沸騰の異世界会計英雄譚、原作小説登場!!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧