顧問税理士に任せた相続税対策が「悲惨な結果」を招いた事例

前回は、相続にまつわる相談をする先として、信頼できる税理士を選ぶ方法を説明しました。今回は、顧問税理士に相続対策を任せたことで「悲惨な結果」になった事例をご紹介します。

「顧問税理士が間違った相続税対策をするわけがない」

資産家の人であれば、多くの場合、親しくしている顧問税理士がいるものです。父親の代から長い間付き合ってきて、信頼関係も築かれており、友人のように深い交遊をしている人もいることでしょう。そのような人であれば、筆者の著書のタイトルを見て、

 

「ずっと親しくしてきた顧問税理士に頼んでいるのだから、間違った相続税対策をしているわけがない」

 

と思われたことでしょう。しかし、相続税対策は、「顧問税理士と深い関係にあるかないか」とは別次元のところで考える必要があります。

 

その事実を裏付けるために、まずは、なじみの顧問税理士に相続の税申告を任せたことで悲惨な目にあった家族の話をしましょう。最初の段階として、顧問税理士に依頼することで、どのようなリスクを伴うかを考えていただきたいのです。それが、今後の相続税対策に対するいち早い意識の変革につながると思うからです。

普通のサラリーマンに「億単位」の相続税が発生

それは、バブル崩壊後に起こった相続の話です。東京近郊に、ある有名な大地主一族が住んでいました。仮にこの地主をAさんと呼ぶことにします。Aさんは60代、5人兄弟の長男です。父親はすでに他界しており、高齢の母親とAさん家族で同居していました。

 

Aさん一族が所有する土地は、自宅の土地や駐車場、借地人に貸している貸地、アパートやマンションなどが建つ貸家建付地など大小さまざまでした。その総額は30億円は下らなかったと記憶しています。

 

Aさん一族は代々、土地持ちでしたが、Aさんの父親がバブル時代にさらに土地を買い増したり賃貸物件を建てたりしたことで、これだけの資産になったようです。あの時代は土地の価格が右肩上がりに高騰していましたから、資産を現金で所有しているより不動産で所有しているほうが相続の際に評価額を圧縮でき、節税につながったのです。

 

しかしその後、ご存じのようにバブルは弾け、土地の価格が下落しはじめました。そんな折、Aさんの父親が亡くなります。

 

一次相続は、Aさんの母親の配偶者控除が使えたことと、相続人の数が多く基礎控除額が大きかったこと、そして、何より地価が下がるといってもまだまだ購入額より高く売れた時代だったことなどが功を奏し、なんとか切り抜けることができました。相続税は土地のいくつかを手放して現金に換えるだけで都合できたのです。

 

配偶者控除というのは、被相続人の配偶者(この場合はAさんの母親)が資産を受け継ぎやすいよう、法定相続分あるいは相続財産の1億6000万円までを非課税とする制度です。また、基礎控除額は5000万円+相続人1人あたり1000万円を相続財産から差し引けるという制度です(金額は当時)。

 

Aさん一族の場合は、5000万円+母親と兄弟5人の計6人で6000万円=1億1000万円を減額することができました。ちなみにこの基礎控除額は今回の大改正により、3000万円+相続人1人あたり600万円に圧縮されます。

 

さて問題は、Aさんの母親が亡くなり二次相続が発生した時に起こりました。今度は配偶者控除を使えないので、Aさん兄弟に億単位の相続税が課されました。しかし、Aさん兄弟は全員、普通のサラリーマンをしており、そんな多額の現金は手元にありません。そこで、みんな頭を抱えてしまったのです。

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2013年11月1日刊行の書籍『相続税対策は顧問税理士に頼むと必ず失敗する』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「贈与」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載顧問税理士の相続税対策では「優良資産」を残せない理由

税理士法人エクラコンサルティング
株式会社エクラコンサルティング 代表社員
税理士

長野県生まれ。昭和54年横浜国立大学経営学部卒業。平成3年株式会社タクトコンサルティング入社。平成15年税理士法人タクトコンサルティング代表社員に就任。平成23年税理士法人エクラコンサルティング・株式会社エクラコンサルティングを設立。税理士法人タクトコンサルティングで20年にわたり、全国の税理士・会計士との共同案件を実践してきた経験を生かし、現在も同様に相続、譲渡、交換、事業承継、土地活用、M &A等に関する実務および企画研究、講演、執筆等、日本全国で活動している。

著者紹介

相続税対策は 顧問税理士に頼むと必ず失敗する

相続税対策は 顧問税理士に頼むと必ず失敗する

田中 誠

幻冬舎メディアコンサルティング

税のプロとして認識されている税理士にも得意不得意分野があります。特に不動産を含む資産税に関する対策は、その実務経験がものをいいます。つまり、相続税対策はどの税理士に頼むかで、結果が大きく変わるのです。 本書は、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!