先代経営者の意識が後継者の育成・選抜に与える影響

前回は、経営者のタイプによって異なる、事業承継を成功に導くプロセスを取り上げました。今回は、先代後継者の意識が後継者の育成・選抜に与える影響について見ていきます。

創業者は事業承継に消極的!?

過去の欧米を中心とした研究では、特に創業者の場合、事業承継に消極的な傾向があることが明らかにされています。今回は、先代経営者の意識と後継者の選抜や育成に与える影響について考えていきます。

 

創業者は事業を自らが育んできたからこそ、二代目以降の経営者と比較して会社に対する思い入れが違います。これまでの研究で、創業者は事業を自らが築き上げた巨大建造物として認識しやすいことが明らかにされてきました。

 

創業者は、自社の発展に自分自身の成長や夢を投影してしまうのです。この心理的な傾向は、エディフィス・コンプレックスと呼ばれています。このエディフィス・コンプレックスによって、時に創業者は自分の子弟であっても事業の引継ぎに戸惑う場合があることが示されています。

 

それだけではありません。偉大な事業の創造者として長期的に組織に君臨することで、創業者の絶対的な存在感が、後継者の自律性や創造性の芽を摘んでしまう可能性があります。

 

過去の研究から、創業者は事業承継後も自分の影響力を維持できるような後継者を選ぶ傾向があることも示されています。これには、後継者の選抜や育成に次の二つの悪い影響をもたらす可能性があります。

 

第一に、先代経営者に親密的で従順的ではあるけれども、経営能力が低い後継者を選んでしまうことです。

 

第二に、たとえ実績があり実力もある後継者を指名しても、先代経営者が後継者になかなか経営の実権を与えず実権を握り続けてしまうことです。先述のエディフィス・コンプレックスが、後継者の選抜や育成においても影響する可能性が示されているのです。

事業を「先代からの預り物」と見なす日本の老舗企業

日本の研究では、駅伝タスキ経営という概念を使って老舗企業の事業承継が説明されています。この概念は、事業承継が駅伝レースに例えられ、現経営者は先代世代(前走者)から事業(タスキ)を引継ぎ、次世代(次走者)に引き継ぐというというものです。実際の日本の老舗企業では、事業は先代経営者からの大切な預かり物であるという口伝や家訓があります。

 

この駅伝タスキ経営の概念には、事業が現世代の私有物ではなく世代間の共有物であるとの意味が込められています。事業が世代間による共有物であると認識の高まりは、事業経営における現経営者自身のエゴを抑制できる可能性を高めます。

 

それだけではありません。事業が世代間の共有物であるからこそ、事業が現世代で完結されるのではなく、次の世代への事業継続が志向されるようになります。このことが、先代経営者からの承継プロセスにおいて、後継者の長期的かつ段階的な育成が正当化されることに繋がるのです。

 

 

<参考文献>

『会社の中の「困った人たち」上司と部下の精神分析』(金井壽宏・岩坂彰訳、創元社、1998年)

『老舗学の教科書』(前川洋一郎・末包厚喜編、同友館、2011年)

『事業承継のジレンマ:後継者の制約と自律のマネジメント』(落合康裕、白桃書房、2016年)

Danco, L. (1980). Inside the Family Business. Cleveland: The University Press.

Levinson, H. (1971). Conflicts That Plague the Family Business. Harvard Business Review, 49, 90-98.

Hall, D. T. (1986). Dilemmas in Linking Succession Planning to Individual Executive Learning. Human Resource Management, 25(2), 235-265.

Kets de Vries, M.F.R. (1985). The Dark Side of Entrepreneurship. Harvard Business Review, 63, 160-167.

Kets de Vries, M.F.R. (1995). LIFE AND DEATH IN THE EXECUTIVE FAST LANE. Jossey-Bass Inc.

本連載は書下ろしです。原稿内容は掲載時の法律に基づいて執筆されています。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載円滑な世代交代を実現――事業承継の要諦

日本経済大学 経営学部 准教授 名古屋商科大学大学院 マネジメント研究科 客員教授

1973年神戸市生まれ。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。経営学者。
大和証券(株)入社後、本社人事部、大和証券SMBC (株)金融法人部をへて、2014年より日本経済大学経営学部(東京渋谷キャンパス)准教授就任。ファミリービジネス学会理事。
現在、ファミリー企業の事業承継について経営学の観点から研究を行う。大学での研究活動を軸に、ビジネススクールにおけるケースメソッド形式による事業承継講座を担当するほか、企業の事業承継に関する助言指導や実務家向けセミナーの講師などを務める。2015年末に日本で初めてとなる同族経営の実証研究書となる『ファミリービジネス白書』を同友館から発刊。同書の初代企画編集委員長を務める。

著者紹介

事業承継のジレンマ

事業承継のジレンマ

落合 康裕

白桃書房

【2017年度 ファミリービジネス学会賞受賞】 【2017年度 実践経営学会・名東賞受賞】 日本は、長寿企業が世界最多と言われています。特にその多くを占めるファミリービジネスにおいて、かねてよりその事業継続と事業承継…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!